小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PC Audioの革命児!SONYのHDDオーディオプレーヤー『HAP-Z1ES』

2014.02.22

■Performance

DSDのアナログ変換にはアナログFIRフィルターを左右独立で使い、片チャンネルに4個のフィルターユニットを差動合成している。簡単に言えばバランス駆動だ。当然、バランス出力を装備。DACチップはPCM1795を使っているようだ。PCM音源もDSDに変換してからD/A変換しているが、ソフトウエアのアップデートにより、このDSDリマスタリングエンジンOFFにも対応した。しかし、デジタルアウトがないので外部DACとは接続不可だ。また、DSDリマスタリングエンジンを使ってCDをリッピングして内蔵HDDにデータを保存することも不可。この2点が非常に残念である。

■研究結果

SONY『HAP-Z1ES』は1TBのHDDを内蔵して音楽データさえ転送すれば、PCレスで使えるネットワークプレーヤーである。DSD64/128に対応するだけでなく、DSEE機能に加えDSDへのリサンプリング機能も搭載する。もちろんDAC内蔵でデジタルボリュームあるため、本機をパワーアンプに接続すればアナログオーディオシステムを一気に最新PCAudioシステムが完成する。

その音は他のソニー製DACに通ずるところがあり解像度が高く、音の粒立ちが良く、エッジの効いたものだ。実勢価格約20万円と考えれば『HAP-Z1ES』はかなりハイコスパと言える。これから本格的にPC Audioを始めようと思っている人、DSDを中心に音楽を楽しみたい人にオススメ。

●『HAP-Z1ES』はほとんどの音楽ファイルに対応する
●『HAP-Z1ES』は音楽データをDSD化してD/A変換する
●『HAP-Z1ES』はAirPlay対応でInternetRadioも聴ける
●『HAP-Z1ES』はデジタル出力がなくDACがつなげない

(文/ゴン川野)

ゴン川野のPC Audio Labオーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。