人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは?

2014.03.24

「イSム表参道店」で販売されている商品は、厳密にいえば「魂入れ」がなされていない仏像フィギュアであり、宗教的なものではないが、中には購入した仏像を仏壇に飾りたいという人もいるという。

「弊社の商品はいわゆる“ガワ”(形)だけで、魂を込めている商品ではないので、宗教的な使い方についてはあまりおすすめしていませんが、もしそういった使い方をされる場合は、その方の宗派のお寺にお持ちいただき、開眼供養、御移徒をされてくださいとお伝えしています。宗教的な魂入れの儀式は行っていないですが、すべて手作りで職人さんの入魂の作品であることに間違いありません。そういった意味では単なるフィギュアではなくて工芸品というカテゴリになると思います。

部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは? 部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは?

 もともと仏像は、字が読めない人たちにも仏教の教えがわかるようにと作られたものです。姿から仏教を感じさせるという点では、当時の仏像はフィギュアともいえるのではないでしょうか。そういう意味では、弊社が作っているものはフィギュアではありますが、仏像の本来の意味に沿っているのではないかと思っています。仏像にはこういう想いが込められている、仏像に親しむことで仏教を知る、そういったところまで広げていけたらいいなと思っており、単なるフィギュア商品としては終わらせたくないという気持ちはあります」(松川さん)

部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは? 部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは?

 「イSム」の仏像は「ポリストーン」という素材を使用し、石粉と樹脂を混ぜ合わせて成型する。もっとも手間がかかるのは彩色の工程で、顔料や金箔を使い、本物により近い表現をするために経年感を出した色彩にしている。中でも作品を決定づける「眼」を入れる作業は、非常に高い技術の職人技が要求される。

部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは? 部屋の中に阿修羅、毘沙門天、弥勒菩薩が!?仏像をインテリアとして楽しむ「イSム」とは?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。