人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2014.06.10

どんなDACでも音質を向上する夢のクロックシステムOJI Specialの『MTCSS Unit』

どんなDACも音質向上する夢のクロックシステム『MTCSS Unit』

■Introduction

ハイエンドオーディオの世界でささやかれているのが、ルビジウムで音が良くなる、やっぱりセシウムの方がいいとか。オーディオの話題とは思えないが何のことなのか。まず、PCAudioはデジタルなのに音が悪くなるのはなぜか。その原因の一つにジッターが挙げられている。ジッターとは何か? カンタンに言えばジッターはデジタル信号のノイズである。特に音質に悪影響を与えるのがクロックジッターである。クロックジッターのクロックとは、信号のタイミングをとるための基準信号である。例えばDACのIC動作用マスタークロックとかPCM信号クロックなど。クロックジッターは時間軸に対する不確実性要素となる。これは外部からのノイズではなくクロック自体の誤差から生まれるジッターなので防ぐことはできない。

DACに内蔵されたマスタークロックには、水晶発振クロック、デジタルシンセサイザー、PLLクロックの3種類がある。よく使われるのがS/PDIFデコーダーまたはUSBデコーダー部のPLLクロックである。ハイエンド機器では専用の高精度水晶発振クロックを搭載してジッター量を下げる工夫がされている。CDトランスポートもPCもDACもそれぞれがマスタークロックを持っている。

どんなDACも音質向上する夢のクロックシステム『MTCSS Unit』

左側に見える銀色の部品が水晶発振器。22.5792MHzと24.576MHzの超高精度マスタークロックで、44.1kHzと48kHzの512倍のクロック信号を出力する

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ