人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

科学の世界が堪能できるインテリア雑貨

2014.09.02

 普段、生業として関わっている人を除くと、科学の世界に属するデザインというのは私たちの目には奇異に映るものかもしれない。もちろんそれは悪い意味ではなく、そうした奇異なデザインたちが、私たちの普通の日常にスパイスを与えてくれるのでそれは歓迎するべきものである。今回はそんなスパイスとなる科学からやってきたデザインたちを紹介しよう。

■見るものを不思議な気分にさせるワインデキャンタ『Glass Tank』

見るものを不思議な気分にさせるワインデキャンタ『Glass Tank』

「光栄デザイン」の岡本光市氏によってデザインされたワインデキャンタは、見るものを不思議な気分にさせる。デキャンタとグラスが一体になったデザインをした本製品は、斜めに生えたグラスのワインがなくなると、一定量のワインが自動でデキャンタから供給される仕組みになっている。もちろん電気の類は一切しておらず、水圧と大気圧のバランスにより起こる自然現象を利用しているとのことだ。嗅覚と味覚、そして視覚でワインを楽しむための器と言えるだろう。価格は3万780円で「Generate Design」のホームページから購入することが可能だ。

■白い結晶が天気を予測する装置『ストームグラス』

白い結晶が天気を予測する装置『ストームグラス』 白い結晶が天気を予測する装置『ストームグラス』

「ストームグラス」とは聞き慣れない名前だと思うが、管の中の液体と結晶の変化により、6時間から半日後の天候の予測を行う装置のことを指す。読み取り方の一例を紹介すると、管中の下の方に沈殿物が固まっている状態は晴れを予想し、小さな星のような粒子が管中を浮遊していると雨の予想、さらに大きなシダ状の結晶が出来ると大荒れの天気を予想、といった具合になっている。ここまで来ると「一体どういう仕組みになっているのだろう?」と疑問に思われることだろう。

白い結晶が天気を予測する装置『ストームグラス』

 だが、ひとつお詫びさせてもらうと、残念ながら私にはこの現象の説明をすることができないのだ。というより、未解明の現象であるため、現在のところきちんとした説明がなされていないそうなのである。ガラス製品なので置く場所には気をつけてもらいたいが、部屋のインテリアとしても楽しめそうだ。価格は1944円で楽天市場から購入することができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。