人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アレルギー改善、老化防止、美肌ほか「漢方治療」研究の最前線

2014.11.18

■「血」の漢方治療薬を飲むと10年、20年後に差がつく?

アレルギー改善、老化防止、美肌ほか「漢方治療」研究の最前線

 上の画像の左は荒浪ドクターが25歳の時の写真、右が現在の写真。20年経ってもほとんど変わっていない様子に驚いた。荒浪ドクターが20年間飲み続けているのが「血」の治療に使われる「桂枝茯苓丸」で、この漢方薬は桂枝(シナモン)、茯苓(サルノコシカケ)、牡丹皮(ボタン)、桃仁(モモ)、芍(シャクヤク)を調合したもので、月経不順や更年期障害、肌荒れ、皮膚炎、しみなどに処方される。

「肌老化には「血」の薬が有効です。これは双子の写真ですが、左がヘビースモーカーで“スモーカーズフェイス”になった女性です。タバコは末梢の血流を悪くするので、血虚やお血が起きて老化が早まります。肌のたるみ、しわ、髪が薄くなるなど、双子でも長い年月の間にこれだけ差ができてしまいます。

アレルギー改善、老化防止、美肌ほか「漢方治療」研究の最前線

 肌に影響するのは、お血や血虚で、これらを改善する漢方薬を飲み続ければ、しわを増やさないためのひとつの手段となりえます。10,20年後には差が出ると思いますね。病気でもないのに漢方薬を長期間飲み続けていいのかという質問を受けますが、漢方薬は病気を防ぐ未病という考え方の健康維持の薬。

 原料が自然の生薬なので、どちらかといえば食べ物に近い感覚で考えてもらえればいいと思います。ですので、薬膳を毎日食べるような感覚で一生飲んでもいいものなのです。しかし体質は年齢によって変わってくるので、お血の薬でも種類が変わることもありますし、人によっては生薬の種類によってアレルギーなどを起こす場合もあるので、医師にかかってベストな薬を飲むことが大切です」

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。