人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2014.12.17

今どきの自作パソコンは手のひらサイズで、超簡単!

スマホばかりいじっていると、物理的になにかを作りたくなることはないだろうか。スマートフォンの名前を冠した当連載だが、今回は手のひらサイズの超小型PC「NUC」を組み立ててみた。

oguyan215-01
NUCは、「Next Unit of Computing」の略で、インテルが推奨する超小型パソコンの規格(フォームファクター)だ。マザーボードのサイズはおよそ10cm四方、ケースはお弁当箱のような形状でデスクトップのちょっとした空きスペースや、液晶ディスプレイの背面に設定することができる。読み方は「ナック」でいいようだ。

今回は、インテル Core i3 プロセッサーを搭載した『D34010WYK』(実勢価格4万円前後)を組み立てていくことにする。自作PCに疎いと、「かなり難しいのでは?」「ノートPCとの違いは?」など様々な疑問があるかもしれないが、実際の組み立て手順を見ていってもらった方が理解が早いと思う。かく言う筆者も、実は自作は10年以上ぶりで、多少の緊張感を持って作業に望んだ。

oguyan215-02
『D34010WYK』のパッケージ。7インチタブレットのパッケージぐらいなので、電車でのお持ち帰りも楽々。CPUのパワーが欲しいなら、インテル Core i5 プロセッサーを搭載した『D54250WYK』も選べる。

oguyan215-03
開封したところ。かつては非常に多くの梱包材に包まれていたPCのパッケージだが、最近はスマホやタブレットのようにシンプルだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ