人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2014.12.19

16年ぶりにモデルチェンジしたキヤノンの望遠レンズ『EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM』

16年ぶりにモデルチェンジしたCanon『EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM』

■Introduction

一眼レフに付けてカッコイイレンズと言えば、明るい望遠レンズである。例えばサンニッパ(300mmF2.8)とかヨンニッパ(400mmF2.8)なら、運動会やサーキットで注目の的だ。まあ実際に買おうと思うと60?100万円の資金が必要で、重さも2350gとか3850gとか半端ないことになる。さらに使ってみると単焦点レンズなのでズームに比べてシャッターチャンスに弱く使いこなすのに腕が必要なことを思い知らされるレンズなのだ。明るいレンズのメリットは、まずファインダーが明るくピントが合わせやすい、暗くても速いシャッターが切れる、だったのだが、これは銀塩時代の話で、デジカメならピントはAFでカメラ任せ、暗ければISO感度を上げれば問題ナシなのだ。私がサーキットに行くなら、軽くて機動性にすぐれたズームレンズを選ぶ。そんなニーズにピッタリなキヤノンの100?400mmのズームが何と16年ぶりにリニューアルして『EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USM』として登場。その性能は『EF70-200mm F2.8L IS II USM』に匹敵するという。

■Design

まず目をひくのは直進式だったズームを回転式に変更したことだ。直進式はグーッと勢いよく寄る分にはいいが微妙な調整が難しい。これを回転式にすることで解決。回転角度は95°なので素早いズーミングができる。さらに無段階に回転トルクを調整できる調整リングを装備した。外見だけでなくレンズにも最新技術が導入され、光学特性に優れ、色収差を抑える蛍石レンズ1枚とスーパーUDレンズを含む16群21枚のレンズ構成を採用。また、フレアやゴーストにを抑えるコーティングも「ASC(Air Sphere Coating)」と呼ばれる多層コーティングの上に微細な空気の球を含んだ超低屈折率層を設けて反射を徹底的に抑えている。最短撮影距離は1.8mから0.98mに近付けている。手ブレ補正機能は従来1.5段分だったのが4段分に性能アップ。三脚座は脚の部分だけをネジで取り外せたり、サーキュラーPLフィルター用の開閉式窓を備えたレンズフードなど、細かい部分にも手が入れられた。今回お借りしたのは試作機であり、三脚座の取り付けネジとトルク調整リングの形状は変更予定とのこと。また作例も試作機での撮影であるため画質評価は控えている。それ以外の点でも最終品と異なる可能性があることをご了承いただきたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ