人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

15?35mmをカバーするFUJIFILMの万能交換レンズ『FUJINON XF10-24mmF4 R OIS』

2015.01.09

15mm?35mmをカバーしたイチ押し交換レンズ FUJIFILM『FUJINON XF10-24mmF4 R OIS』

これは阿佐ヶ谷の古書店。露出補正なしで店内が適正露出になった。歪みも自然な感じで、Photoshopで補正すれば、建築写真としても使えそうだ

X-T1 1/100sec F4.0 ISO500 XF10-24mmF4 R OIS 15mm相当

【研究結果】

『FUJINON XF10-24mmF4 R OIS』は予想に違わずいいレンズだった。高解像度で階調性豊か、絞れば周辺光量の低下も気にならず、接写もできる。ズームリングの回した感じもいい。欲を言えば絞りリングに絞り表示を付けてEVFを見なくても現在の絞り値が分かるようにしてもらいたい。ノーファインダーでスナップしているときに絞り値が分からないのだ。それから超広角なので被写界深度のマークも入れて欲しい。これもスナップの時、あると便利なのだ。レンズはクラシックだがフードだけが妙に現代的なのも気になる。ほんとに逆光に強いので、普段はフードなしでもいいかもしれないが、オプションでクラシックな金属製フードを発売してくれないかなあ? このレンズは実勢価格約9万2000円とフジノン交換レンズの中では2番目に高価なレンズだが、それだけの価値はある。10-24mmが使いたいので『X-T1』を買うという本末転倒な気持ちになるほど魅力的なレンズだった。

●『XF10-24mmF4 R OIS』の描写はカリカリ過ぎない
●『XF10-24mmF4 R OIS』は階調性に優れている
●『XF10-24mmF4 R OIS』は開放から高解像度だ
●『XF10-24mmF4 R OIS』の歪みは自動補正で抑えられる

(文/ゴン川野)

カメラ生活42年、小学生でオリンパスPEN-Fを愛用、中学生で押し入れ暗室にこもり、高校では写真部部長。大学卒業後、単身カナダに渡りアウトドアスクール卒業後「BE-PAL」を経て本誌ライターに。保有交換レンズ41本、カメラ28台(見える範囲で)。阿佐ヶ谷レンズ研究所もよろしく。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。