人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.01.16

禁断の4/3型センサーを遂に搭載!Panasonic『LUMIX LX100』

禁断の4/3型センサーを遂に搭載!Panasonic『LUMIX LX100』

■Introduction

ミラーレスとコンデジの境界線が、かなり曖昧になった今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしかな。ミラーレスのメリットは、レンズ交換可能で一眼レフよりコンパクト。小型化は進みボディサイズはコンデジに迫った。これに対してコンデジは大型センサーと高精細EVFを搭載して、ミラーレスや一眼レフに迫る操作性と高画質を実現した。高級コンデジとミラーレスの両方に力を入れているメーカーにはパナソニック、オリンパス、ソニーがある。ソニーはすでに大型センサーとEVFを搭載した『RX100 III』を発売している。1型センサーにCarl Zeissの24~70mmF1.8-2.8レンズを搭載。これに対してパナソニックはミラーレスと同等サイズの4/3型センサーを搭載したコンデジ『LUMIX LX100』をぶつけてきた。レンズはLEICAの24~75mmF1.7-2.8である。

私が4/3型センサーで唯一残念に思えたことは、アスペクト比がコンデジと同じ4:3であることだ。これでは、せっかくの広角レンズの画角が左右で狭くなってしまう。『RX100 III』のアスペクト比は一眼レフと同じ3:2だ。何と『LUMIX LX100』は同社お得意のマルチアスペクトを採用。イメージサークルよりわずかに広めのセンサーを搭載して、4:3、3:2、16:9で撮影しても画角が狭くならない。これはいい! 急速にLX100が欲しくなってきた。

■Design

デザインは『LUMIX LX7』を踏襲したかに見えるが、レンジファインダーカメラまたは富士フイルムのミラーレスに近いインターフェイスが採用された。絞り優先オートならシャッター速度ダイヤルをAにセット。シャッター速度優先オートなら絞りリングをAにセットする。両方Aの場合はプログラムオートになるという方式だ。さらにシャッターボタン手前のiAボタンを押せば、ワンタッチでフルオート撮影に切り替わる。絞りリングは1/3段階でクリック付き、露出補正ダイヤルも同じく1/3EV刻みである。コンデジと呼ぶには大きいがレンジファインダーカメラだと思えば持ちやすくちょうどいいサイズである。1型センサー搭載の『Nikon 1 V1』より背が低く、重さはほぼ同じだが、スペックはLX100の方が上である。EVFは明るく見やすい。

禁断の4/3型センサーを遂に搭載!Panasonic『LUMIX LX100』

左のV1と比べると少し背が低く、軍艦部がレンジファインダーカメラっぽい

禁断の4/3型センサーを遂に搭載!Panasonic『LUMIX LX100』

シャッター、絞り、露出補正と銀塩時代の一眼レフを思わせるインターフェイスが使いやすい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ