人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.03.24

仕事を早く処理するための5つの鉄則

 前々回、仕事を処理することがめちゃくちゃ早い人の特徴について紹介したが、今回は「仕事がめちゃくちゃ早い人」が、どうしたらそこまで早く処理できるのかについて、その秘訣や方法、考え方を、過去の取材経験をもとに、5つのポイントで解説したい。

1.不要なことはせず、得意なことに力を入れる

 部署に籍を置く以上、本来は、その部署がカバーする全ての仕事に取り組むべきである。「この仕事はするが、あの仕事はしない」といった具合に、仕事を選り好みすることは、好ましいことではない。しかし、あらゆる仕事に手をつけてしまうと、当然、不得意な仕事も出てくるだろうし、時間がかかってしまう。「仕事がめちゃくちゃ早い人」は、得意な仕事を早いうちに見つけ、それに専念できるような環境を自ら作ってしまう。そして、上司が「(得意分野ではない)この仕事をしてくれないか?」と、指示することができないような雰囲気にしてしまうのだ。つまり“忙しい姿”を演出するのである。不得手な仕事に取り組んだ瞬間、仕事のスピードが遅れるということがよくわかっているのだ。

 ただし、表向きは部署のすべての仕事に関心を持っているかのような発言をしたり、素振りをみせる。「仕事がめちゃくちゃ早い人」は、この器用さを心得えているのだ。そういった意味では、仕事が遅い人は“正直”なのかもしれない。不得意な仕事にも真剣に取り組むからだ。しかし、これが結果的にスピードを落とす要因となり、上司や周囲にも、「仕事が遅い」という印象を与えてしまいかねない。

2.部署の動向を見据えている

「仕事がめちゃくちゃ早い人」は、上司をはじめ、先輩や取引先、客などの動きをよく観察している人が多い。いかに自分は得意な仕事だけをし、他の人に不得意な仕事をさせるかを常に考えているのだ。例えば、不得意な仕事をせざるを得なくなると察知したら、早めに上司に「この時期は、〇〇〇という仕事がありますから」などと、あらかじめ伝えておく。苦手な仕事を任されないよう、予防線を張っておくのだ。日頃から、上司と良好な関係を築くことにも余念がない。

仕事を早く処理するための5つの鉄則

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ