人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.04.17

仕事の効率を上げたい人におすすめのマウス『ロジクール MX Master』

 仕事柄、PCで作業することが多いがハードが進化しても、仕事の効率アップには余念がない。キーボードに関しては、エルゴノミクスに優れたマイクロソフトの『ナチュラルキーボード』シリーズが好きだし、ノートPCはキーボードと操作性に優れた『ThinkPad』を好んで使っている。マウスに関しても、ロジクールやマイクロソフトの製品が好みだ。そんなロジクールのマウスに、かつて愛用していた『パフォーマンス マウス M950t』の後継機種『MX Master』が登場した。実に、6年ぶりのフラッグシップモデルの新モデルとなる。

普通の光学マウスはガラスのような凹凸が少ない平滑な場所で使おうとすると、動きを検知できず、操作できないという課題がある。これに対し、『M950t』は「DarkFieldレーザートラッキング」機能を搭載しており、ガラスの上でもマウスが操作できるという特徴を持っていた。『MX Master』にもこのDarkField機能が搭載されており、それ以外に様々な機能が搭載されている。

 まずは、スクロールホイールだ。『MX Master』のホイールは、その動作を2つに切り替えることができる。1つはスムーズに回転してスクロールする「フリースピン」モード、そして、回転にクリックをつけて、細かい動きをしやすい「ラチェット」モードだ。素早くページをスクロールさせたい時は「フリースピン」モード、精密にスクロールさせたい時は「ラチェット」モードで使うことができる。面倒に見えるかもしれないが、これが使い勝手をかなり向上させている。

 この切り替えは、SmartShift機能で使用状況で自動的に切り替わるというが、僕が使用したところでは、この自動機能がうまく働かなかったので、手動で切り替えて使っていた。設定ツールではスクロールホイールに「モードシフト」機能を割り当てることで、ホイールを押し込んでスクロールモードを切り替えられるので、ホイールから指を離さずに操作できるところがいい。

久々に更新されたロジクールのフラッグシップモデル『MX Master』。
久々に更新されたロジクールのフラッグシップモデル『MX Master』。

スクロールモードを2つに切り替えられるホイール。
スクロールモードを2つに切り替えられるホイール。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ