小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2.1ch再生で小型スピーカーの低音域をグレードアップするELACのサブウーファー『SUB2070/SUB2050』

2015.04.27

◎最大の特徴は、スマホアプリによる先進的なコントロール機能

 ELACは、大口径ユニットを使った大型のスピーカーではなく、比較的小型の2ウェイブックシェルフ、あるいは小型スピーカーの背をぐっと高くしたようなトールボーイ型スピーカーが中心。センタースピーカーを含む5.1ch再生も構築できるラインナップが展開しているが、サブウーファーは5.1ch再生用というだけでなく、同社の小型スピーカーと組み合わせた2.1ch用でもある。

 現在のサブウーファーは、国内外を問わずさまざまな用途に使えるようになっていて、背面を見ると、入力端子だけでなく、クロスオーバー周波数の調整ツマミ、ボリューム調整ツマミが備わっている。モデルによっては、それらの調整値などのセットアップ状態を表示するディスプレイまで持つものもある。

 SUB2070もそういった多用途に対応するが、背面を見ても入力端子(フロント、センター用の3系統のスピーカー端子、ライン入力用のRCA端子)しか備わっていない。あとはメイン電源スイッチと着脱式の電源用端子くらいで意外なほどシンプル。実はこれが、SUB2070とSUB2050の最大の特徴なのだ。

自動音場補正機能搭載で使いやすくなったELAC SUB2070/SUB2050。2.1ch再生で小型スピーカーの低音域をグレードアップ。

SUB2070の背面の端子。上部にライン入力と3系統のスピーカー端子があり、下部には電源スイッチと電源コネクターがあるだけ。調整のためのツマミ類は装備しない。

 その理由は、クロスオーバー周波数や音量レベルの調整といった操作のすべては、スマホ用アプリの「SUB CONTROL」で行うからだ。価格は無料で、iOS、Androidの両方が用意されている。今までのサブウーファーのように背面に回り込んでツマミをいじって調整するのではなく、視聴位置から手軽に調整を行えるというのは現代的だ。ちなみにサブウーファー本体に調整のためのツマミ類、ディスプレイを搭載せずに済むのでコストダウンにもつながっているそうだ。

 こういった特徴をアピールするためもあり、現在輸入元の株式会社ユキムでは、購入者全員に、操作に使えるiPod touch(16GB/シルバー)のプレゼントキャンペーンを行っている。期間は今年の6月30日までで、同梱の申し込みハガキを送るとiPod touchが送られてくる。なお、使用するアプリは自分でApp Storeからダウンロードするので、無線LAN環境も必要になる。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。