人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パナソニック『レッグリフレ』ヒットの理由

2015.05.07

■取り扱い店舗全店で試せる環境の実現

 こうして完成した『レッグリフレ』のニューモデルは、2014年6月には報道発表され、発売開始前から話題を集めた。とはいえ、EW-NA84は前モデルより1万円高い3万円。割高感は否めず、社内には「絶対売れない」という厳しい声もあったほど。低価格のEW-NA34の方が売れると考えられていた。

 だが、フタを開けてみれば、発売開始直後から品切れが相次ぎ、生産が間に合わないほど売れていった。前モデルの4倍近く売れ、しかも、「絶対に売れない」と言われていた高価なEW-NA84が、出荷台数の9割を占めるほど。良さが認められ、それが口コミで広がっていった。

 しかし、良さを知るには、購入前に試せることが不可欠。この点で、販売の女性スタッフが開発に参画したことが大きく作用した。取り扱い店舗全店で試せるようにしたのである。自分たちが開発に携わった商品に愛着が生まれ、いつも以上に販売に熱が入った。

 試せる環境をつくったのは、家電量販店の店頭だけではない。まず、2014年10月に三越の催事場でお試し会と販売を実施。体験した10人に1人がその場で購入し、在庫を切らしたほどだった。

 極めつけが、「マラソンEXPO」への出展だ。2015年3月6日~8日の3日間、「名古屋ウィメンズマラソン」と「名古屋シティマラソン」の開催に合わせて名古屋市で行なわれた「マラソンEXPO」では、約1400人がEW-NA84を体験した。

「マラソンEXPO」の様子。 「マラソンEXPO」の様子。
「マラソンEXPO」の様子。

「マラソンEXPO」に出展したのは、EW-NA84があれば様々なシーンで使えることを訴求するため。走った後に最適な、素早く柔らかいマッサージができる〈もみほぐし〉〈ソフトもみ〉コースを搭載しており、走り終わったマラソンランナーに体験してもらうことを狙った。「つねに満席で、30分待ちになることもありました。お試し会だけで販売は行ないませんでしたが、『買えないの?』の声がすごかったです」と堀さん。そのため名古屋地区では、会期中やその後の売れ行きが急激に伸びたほどだった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。