小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

徹底的に走行時の静粛性を追求したブリヂストン『レグノGR-XI』

2015.06.25

■『レグノ』の弱点、運動性能は?

 しかし、走行時のノイズを抑えたコンフォートタイヤは、一方で、スポーツ性能がいまひとつになりがち、という傾向がある。例えば、障害物を避けようとハンドルを切った後やレーンチェンジをした時に、車体の後方側がほんのわずか左右に揺れるような場合だ。ここは、これまでの『レグノ』にとっても“弱点”だったはずだ。

 テストは、時速約50kmで走行しながらパイロンを避けながら、左右にスラローム走行を試してみた。やはり、旧モデルの装着したクルマとの比較である。旧型モデルを装着したクルマでは、想定通り、車体後部がやや左右に振れる感覚があった。もちろん危険を感じたわではなかったが、カーブではある程度スピードを落とそうと体が反応してしまった。ところが新モデルを装着した車両は、ハンドリングが軽快で、車体後部が左右に触れてしまう、という感覚はなかった。

 担当者によると、コーナーリングの際、タイヤのセンター部の接地面積を拡大させたことで、安定感が増し運動性能が向上したという。

徹底的に走行時の静粛性を追求したブリヂストン『レグノGR-XI』

■タイヤを換えればドライブは確実に変わる
 
 様々なパターンによる試乗を終えて、実感したことがある。タイヤを換えると、クルマを乗り換えたと思ってしまうほど、感覚が変わることだ。その要素は、燃費性能、静粛性、運動性、そして快適性にも及ぶ。これほどの違いを体験できるとは、正直、思いもよらなかった。

 とすれば、クルマ本来の性能を引き出すため、本来ならクルマの特性に合ったタイヤを選ぶことが大切だということになる。そして、クルマと同様に、タイヤ自体のメンテナンスも重要であるということを実感した。最近、新車の時のような快適さ、滑らかさが感じられなくなった、燃費が低下した、走行音が耳に障る、と感じたら、試しにタイヤのチェックをしてみてほしい。もしかしたら、劇的に何かが変わるかもしれない。

徹底的に走行時の静粛性を追求したブリヂストン『レグノGR-XI』
ブリヂストン『レグノGR-XI』。
全13サイズ1万5336円?。

■関連情報
http://tire.bridgestone.co.jp/regno/index.html

文/中沢雄二

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。