人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

OM-Dシリーズの実質的フラッグシップモデル、OLYMPUS『OM-D E-M5 Mark II』の完成度を検証

2015.07.20
EM017

『M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO』1/125sec F5.6+0.3 ISO200 14mm相当

バリアングル液晶の水準器で水平を見ながら撮影。超広角系ズームレンズもコンパクトなマイクロフォーサーズはスナップ撮影に最適だった

EM018

『M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO』1/60sec F5.6+0.3 ISO500 14mm相当

こちらは液晶モニターを見ながら撮影した。歩きながら撮っているので動くものがブレている。前を行く人はピタリと止まって写った

EM020

高感度をチェックしてみよう。ISO800は驚くほど美しい。ISO1600も常用感度である。ISO3200になるとやや暗部の階調が悪くなる。ISO6400を超えるとノイズが増え解像度が低下していく。APS-Cサイズのセンサーと比較しても引けを取らないと思う

EM021

最後に40Mのハイレゾショットをお目にかけよう。上がAPS-CサイズのNikon『D7000』+『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G』で撮影。下がOLYMPUS『OM-D E-M5 Mark II』+『M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO』である。100%で比較するとマクロレンズよりもズームの方がシャープに見える。これは『D7200』を導入すべきなのか?

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。