人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.08.11

肩書きを気にする男性のほうが、昇進が遅い理由に気づかない

おおしまりえの女ゴゴロ研究所

 突然ですが、皆さんの肩書きは何でしょうか? 年齢を重ねると、リーダーや主任、課長などなど、いろんな肩書きが付いてくると思います。女性から見ると、わかりやすく偉い肩書き(代表取締役社長、CEOCFOなど)は、純粋にすごいと思いますし、長い横文字の、専門的な肩書きを見ると、いったい何をされてるんですか? くらいにしか思いません。

 しかし、男性の価値観を覗いてみると、女性より数倍、肩書きについての関心が高いように感じます。今日はそんな肩書きについて、女性たちが受けた失礼な話や驚きのエピソードを紹介します。気づかぬうちに、同じような発言していませんか?

「課長補佐」という肩書きに地味に悩む男性

 最初は「そんなことで悩むくらいなら、さっさと偉くなれ!」と辛辣なコメントと共に報告されたエピソードから。30代後半に突入したある課長補佐の男性は、私の知人女性にたびたび仕事の愚痴をこぼすそうです。そこは、普通の人と何ら変わらないのですが、気になるのが自分の役職に対する不満。

いうことなのでしょうか

「オレ、これだけ仕事しているのに、課長補佐はないよね?」

 そんなふうによく話すのだそうです。気の許した間柄だからこそ、話したくなるのでしょうが、何かと報われない愚痴を肩書きに絡めて、しつこく話す姿は、気心知れた部下と言えど、鬱陶しさすら感じるそうです。

「まあまあ」と、何となく場を収めるものの、心の中では「そんなに不満だったら転職しろ! それか、偉くなるためにもっともっと血の滲むような努力をしてみろ」とイラつくことすらあるのだとか。愚痴に、肩書きに対する不満が絡むと、途端に生々しさが感じられるということでしょうか。身に覚えのある方は、ぜひ、それを聞かされるほうのことも、心に留めていただきたいものです。

dime20150806

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ