人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.08.16

自由自在に音色をカスタマイズできるCreativeのUSB/DAC内蔵アンプ『SOUND BLASTER X7 LIMITED EDITION』

■ゴン川野のPC Audio Lab

自由自在に音色をカスタマイズできるUSB/DAC内蔵アンプ、Creative『SOUND BLASTER X7 LIMITED EDITION』

■Introduction

Creativeは高音質なサウンドカード「SoundBlaster」によって、PCAudioの礎を築いたメーカーである。PCでゲームを楽しむユーザーに圧倒的な支持を受けて、最近ではハイレゾ対応にも力を入れている。同社で人気のSoundBlasterシリーズのハイエンドに君臨するのが『SOUND BLASTER X7 LIMITED EDITION』である。オリジナルモデルである『SOUND BLASTER X7』の電源部を強化によりパワーアンプとヘッドフォンアンプを高性能化したモデルでオンラインストア限定販売にて5万5000円で発売中だ。

『SOUND BLASTER X7 LIMITED EDITION』は同社のハイエンドモデルだけあって、最大出力50W+50Wのプリメインアンプ、出力インピーダンス1Ωのヘッドフォンアンプに加えてPCM、192kHz/24bit対応のUSB/DAC搭載、Bluetooth対応、ドルビー5.1ch対応、専用アプリによりPCやスマホからオーディオ設定をカスタマイズできる。ピュアオーディオの世界から見れば、これだけ盛り込んで5万5000円なら、ウルトラハイコスパなモデルなのだが、その音の実力はいかに?

■Design

ボディは三角形、正確には三角柱を倒したユニークな形、LIMITED EDITIONはホワイトなので、まさしくおむすびに見える。重さは約865gと非常に軽い。クラスDアンプの採用と、電源部をACアダプター式にして本体と分離したことで軽量化を実現した。フロントパネルには大型のミュート機能付きボリュームと2つのボタン、マイク入力、ヘッドフォン出力、内蔵デュアルマイクが並ぶ。スマホのUSB入力はなぜか左サイドにある。背面には5.1ch対応の端子、アナログ入出力端子、光入出力、スピーカー端子などがずらりと並んでいる。本機の用途はUSB/DAC、デジタルプリアンプ、パワーアンプ、プリメインアンプ、5.1chサラウンドプロセッサー、ヘッドフォンアンプ、チャット用マイクなど複雑多岐に渡り、これ1台で何でもこなせるオールインワンモデルと言える。最後にマニアックな機能としてオペアンプの差し替えができるのだ!

さらにオンラインストアでは『E-MU XM7』と呼ばれる本機とのペア使用を前提としたブックシェルフ型スピーカーも発売され、『SOUND BLASTER X7 LIMITED EDITION』と数量限定特別セットなら一組1万4800円で購入できる。こちのスピーカーもその作りから見るとかなりのハイコスパ。決して安かろう悪かろうではなく、どこから見ても隙のないスピーカーに仕上がっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ