人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.09.02

機械式の独自機構が秀逸なオリエント『STYLISH MULTI YEAR CALENDAR』

オリエント 『スタイリッシュ&スマート STYLISH MULTI YEAR CALENDAR』

オリエント
『スタイリッシュ&スマート
STYLISH MULTI YEAR CALENDAR』
WV0891ER/ホワイト(写真左) 2万8080円
WV0861ER/ブラック(写真右) 3万1320円

2時位置のリュウズでカレンダー盤を操作。ダイヤル下部の西暦年を知りたい月と合わせると、上方の曜日が合う仕組みで、閏年にも対応する。毎月初めに設定しておけば、当月の曜日がひと目でわかる優れた機構だ。3時位置に日付表示。自動巻き。ケース(径42.2mm)、ブレスレットともにSS(右モデルのみ、ブラック色メッキ)。5気圧防水。

「あれ、今日は何曜日だっけ?」

 そう思って仕事の手を止めたことないですか? 職場を見渡せば、カレンダーのひとつやふたつは必ず見つかります。ケータイにも標準搭載されています。ところが曜日を調べるわずかな手間で、それまでのリズムが崩れてしまうことがある。これ、きっと私だけの経験じゃないですよね。

 我々の親の世代までは……いや、私も高校時代はカレンダーを印刷した薄いアルミ板を、腕時計のベルトに付けていました。手元にカレンダーがあると便利なんですね。そこで誕生したのがオリエント時計の〝マルチイヤーカレンダー〟。

 カレンダー機構をモジュール化して、どんなパターンでも該当月の曜日を表示できるようにしています。このモデルは1965年に誕生して以降、今日まで途切れることなく作られてきました。

 そして写真は50周年のアニバーサリーイヤーを祝した新作。デジタル表示を模した数字がスタイリッシュですが、中身はまさにトラディショナルなわけでして。IT技術により、モノが当然のようにインテリジェンス化していく時代ですが、〝敢えてアナログな機械を操作する楽しみ〟を、私は愛でたいと思います。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ