人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.10.24

ORB、OJI Special、SAEC、XLRバランスケーブル3本勝負!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

XLRバランスケーブル3本勝負!ORB、OJI Special、SAEC

■Introduction

PCAudioLabはEL SOUND『highendvolume XLR custom』の導入によって完全バランス化を果たした。DACからパワーアンプまでバランス伝送するためには、2ペアのXLRバランスケーブルが必要になった。今まで使っていたのはレイオーディオの単線のケーブル『MONITORLINK LINE CABLE ML-14』である。とは言え最新モデルではなく15年以上も使い続けている古参兵なので、当初の性能が維持されているかどうかは不明。リファレンスは変更しない方がいいのだが、これは交換しなさすぎかもしれない。ということで今回は最新XLRバランスケーブルを聴き比べるのだ。

■Design

オーディオマニアが陥りやすい罠がアクセサリーである。なかでもスピーカーケーブルとラインケーブルは、その変化の度合いが大きいので、DACを買い替えるほどの予算はないが高級ケーブルぐらいなら買える。そう考えて次々と新たなケーブルに手を出してしまう。しかし、当然ながら今使っているシステムの音、100%以上は引き出せない。あとは音のバランスや音色が変化するだけだ。つまり、コンポに対してアンバランスに思えるほど高価なケーブルを使っても、画期的な音質向上は望めないのだ。それならいくらまでならバランスがいいのか? 今回のXLRバランスケーブルの場合、例えばDAC+プリアンプ+パワーアンプ、またはDAC+プリメインアンプ、DAC+パワーアンプなどの組み合わせが考えられる。システムの合計金額は20万~200万円と仮定して、ケーブルは1ペア2万~8万円ぐらいに決定。下記の3種類のケーブルで試聴する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ