人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.10.27

女子から“若作り”と認定されるミドルエイジの要注意ファッション

■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所

毎日眺める自分の顔や体は、気にすればするほど老いに気付かなくなるものです。手をかけているからまだ大丈夫……20代に見えるって言われたから大丈夫……そうして気付かぬうちに、若作り男になっていきます。今日は女性から見て若作りすぎるなと思われがちなファッションアイテム&ポイントを5つご紹介します。

■ギューンっていう靴!

最初は主にスーツに履く靴について。

「つま先が長くて細くてギューンと上に反り気味の靴、踏みつけそうだしなんか攻撃的で若すぎる……茶色だった日には若干夏の風物詩Gを思い出しますし……」(28歳・企画)

「先が上向きの靴は、個人的にホストシューズって呼んでいます。実際ホストっぽい人が履いているイメージなので、普通の人が履いてると『うわあぁ』ってなりますね」(30歳・出版関係)

先が上向きの靴はチャラい!ホスト!若い!と三拍子揃って不評でした。しかし茶色はGを想像するって、毒舌なコメントです。

女子から“若作り”と認定されるミドルエイジの要注意ファッション

■ダメージジーンズは好感度にもダメージが

そんなギューンという靴と合わせるとさらに破壊力を増すのが、ダメージジーンズではないでしょうか。

「ダメージジーンズは男も女も大学生までのファッションだとおもいます。いい年した男性が履いているのを見ると、やっぱりうわって思います。」(34歳・web制作)

「昔はオシャレだと思いましたが、今同世代で履いている人を見ると好感度は下がります。前に白×ダメージジーンズの人が合コンにいまして……インパクトありすぎて言葉を失いました」(30歳・営業)

ダメージジーンズといってもダメージ具合もバラバラですし、上手く取り入れる人がいるのも事実です。しかしファッションセンスに相当自信がないと、失敗につながる可能性の方が高そうです。

■ミサンガって衛生面大丈夫?

続いてはサッカーファンを敵に回すような声をご紹介します。

「若作りっていう話とは違うのですが、いい大人のミサンガって衛生面に汚い気がして好きじゃないです。だって外さないんでしょ? 濡れっぱなしなんでしょ?」(36歳・企画)

「ミサンガってサッカー少年がつけるアイテムのイメージです。いい大人がミサンガつけていると、サッカー好きだとしてもどんな“願かけ”してるんだ? まだまだ少年のつもりかい?って、思っちゃう。」(31歳・経理)

確かにミサンガはつけっぱなしですから、衛生面は改めて考えると心配です。日常的につけて許されるのは、サッカー選手くらいでしょうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ