人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【コスプレ撮影術】ニッシン『i40』×2灯でスモーク撮影に挑戦・初級編

2015.11.06

【研究結果】

スモーク撮影は難しいというイメージがあるが、やっぱり難しいね。スモークがピンポイントで出せればいいのだが、横方向にブーッと勢いよく出てあとは部屋全体に広がる感じだ。アシスタントがいればスモークマシンを手持ちで、好みの位置にスモークを出せるのだが、個撮では厳しい。露出はスモーク中心で決めると人物は暗くなってくる。特に背景、スモークに色を付けようとするとメインのストロボが暗くなってくる。2灯床置きで使えるなら、メインにライトボックスを使って、全体にもう少し明るくできると思った。また、スタジオは狭い白ホリの方がスモークのコントロールは容易で、広くて背景も使えるハウススタジオの方が絵になりやすい。中級編ではもう少しメリハリを付けたライティングに挑戦してみよう。

●スモークのライティングは前後2灯が基本
●背景のストロボでスモークに色を付けよう
●ストロボとカメラはMモードを使う
●スモークは薄すぎると写らない

(文/ゴン川野)

カメラ生活42年、小学生でオリンパスPEN-Fを愛用、中学生で押し入れ暗室にこもり、高校では写真部部長。大学卒業後、単身カナダに渡りアウトドアスクール卒業後「BE-PAL」を経て本誌ライターに。保有交換レンズ41本、カメラ28台(見える範囲で)。阿佐ヶ谷レンズ研究所もよろしく。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。