人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NEEWERの『折りたたみ80×80cmソフトボックス』でアイドルを撮るテクニック<後編>

2015.11.21
ソフトボックスvsアンブレラでアイドルを撮る!NEEWER『折りたたみ80×80cmソフトボックス』実践編

OLYMPUS『OM-D E-M10MKII』 10-24mm F2.8 1/10sec F2.8 ISO200

シャッターを開けて屋外の自然光を入れて撮影。自然光が入ると画面全体がフワッと柔らかい光に包まれる。撮影データは変化していないが、ストロボの光量をマニュアルで調整している

ソフトボックスvsアンブレラでアイドルを撮る!NEEWER『折りたたみ80×80cmソフトボックス』実践編

OLYMPUS『OM-D E-M10MKII』 10-24mm F2.8 1/15sec F3.5 ISO200

このように窓を背景にする場合、完全な逆光なので普通は露出補正で対応する。その場合、背景は全部白く飛んでしまい不自然だ。ソフトボックスがあれば、こちら側から光を補って好みのバランスで撮影できる

ソフトボックスvsアンブレラでアイドルを撮る!NEEWER『折りたたみ80×80cmソフトボックス』実践編

OLYMPUS『OM-D E-M10MKII』 10-24mm F2.8 1/10sec F2.8 ISO200

このシーンはストロボ光だけで撮っているのだが、かなり自然光っぽい感じに見える。実際の自然光では左の棚の部分が暗くなり光が届かないのだ

ソフトボックスvsアンブレラでアイドルを撮る!NEEWER『折りたたみ80×80cmソフトボックス』実践編

YONGNUO『YN560 II』の光をさらに拡散させるために汎用ディフューザーを装着。数百円のアクセサリーだがなかなか役に立つ

ソフトボックスvsアンブレラでアイドルを撮る!NEEWER『折りたたみ80×80cmソフトボックス』実践編

今回、ライトスタンドが1個しかなかったので2灯の時は三脚を使用した。ソフトボックス用マウントにはオスネジからメスネジへの変換アダプターを使った。これでカメラ用三脚をソフトスタンド用に活用できる

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。