人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.08

中高年女性が一番輝いていると感じた年齢は「平均43.4歳」

昔は良かった…という人は多い。反面、未来に希望を抱いていたり、今に充実感を味わっている人も少なからずいることだろう。では、女性にとって人生の中で最も輝いていた(いる)と感じた時というのは、いったい、いつなのだろうか?

中高年女性は「過去」の自分が輝いて見える!?

「あなたが過去、現在(今)、未来の中で一番輝いていると感じる(感じた)ときはいつ?」という質問に対し、最も多いものは「現在(今)」を僅差で抑えて46.0%の人が回答した「過去」となった。次いで、45.7%が回答した「現在(今)」と続き、「未来」と回答した人はわずか8.3%という結果であった。

また、年代別で見てみると、どの年代も「過去」「現在(今)」がほぼ同数となっているが、年齢層が上がるにつれて少しずつではあるが「現在(今)」の割合が増加している。この結果から、中高年女性は「過去の自分」が一番輝いていたと懐かしむ人が多い一方で、年齢を重ねるごとに、徐々に「現在(今)の自分」も楽しんでいく傾向にあることが伺える。

実は最も輝ける年代!?「子離れで自分の時間を確保できている」という人が多数

前トピックで記述した「あなたが過去、現在(今)、未来の中で一番輝いていると感じる(感じた)とき」に加えて、そのときの年齢を尋ねた調査では、「平均43.4歳」ということが判明。さらに年代別で見てみると、約5歳ずつ平均回答年齢があがっている。

「現在(今)最も輝いている」と回答した人の理由としては、「子供が大きくなったため自分の時間が確保でき、仕事も遊びも楽しめている。(49歳)」「素敵に年齢を重ねる最大限の努力をしている。(55歳)」と、子離れなどにより“自分に時間やお金をかけられているため”という人が多数存在した。

また、「過去」と回答した人に関しては、「仕事も恋愛も充実していた。(27歳)」「子育てに一生懸命頑張っていた。(35歳)」など、甘酸っぱい恋愛の思い出や奮闘した子育てを挙げる人が多く、「未来」と回答した人は「子育ても終わり、仕事を定年している年齢のため。(65歳)」など、「現在(今)」と類似して子育てや仕事の区切りがつくことを期待する人が多く見られた。

このことから、子育てや仕事が落ち着き自分の時間に余裕が持てる中高年女性は、実は“最も自分を輝かせられる年齢”と言っても過言ではないと考えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ