人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界最大級の宿泊予約サイトが予想する2019年・8大旅トレンドとは?

2018.11.07

世界最大級の宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」では、旅行とITの分野で築いてきた独自の地位を活用し、 1憶6300万件ものゲストの生の声と29ヶ国の21,500名の旅行者を対象とした調査を実施。その結果導き出された、2019年に世界を席巻するであろう旅の8大トレンドが発表されたので、今回紹介していきたい。

学びに満ちた旅

新しい通貨や自己充足の手段の到来が象徴するように、2019年には旅をさらに意義あるものにすべく思い切った決断をする旅行者の姿が目立つことだろう。全世界の旅行者の56%は「旅を経て人生をより良く生きるための掛け替えのないスキルを得た」と語っており、2019年は旅先で新しいことを学びたいという人々の思いや、世代を問わずボランティアやスキルを活かす旅への需要が高まる年となると予想される。

教室やオフィスの外での経験が多くの企業に重要視されている現代において、特にZ世代は人生をより良く生きるスキルと旅から得られる実用的な学びの価値と、 大学の高額な学位の価値とをより冷静な目で比べるようになるだろう。 意義ある旅には様々なものがあるが、世界の旅行者の間で特に人気の高いものは新しいスキルを習得できる文化交流(68%)やボランティアの旅(54%)、そして海外への就業体験制度(52%)であることが分かっている。

簡単さが肝心

2019年には、「簡単さ」が旅行にまつわるテクノロジーの主な評価基準となることだろう。 これまでは人工知能(AI)やバーチャルリアリティ(VR)、音声認識が話題に上がってきたが、今後はこれらの技術を巧みに応用した、便利で革新的なテクノロジーが注目を浴びることになるはず。ルームキー代わりになる携帯電話の機能や自分にピッタリな旅行のアドバイス、母語でコミュニケーションが取れるロボットコンシェルジュなど、多彩な可能性が今後に期待される。

胸が高鳴るようなイノベーションは、何も遠い未来のテクノロジーのみに限った話ではない。 携帯電話のアプリを介した荷物の追跡(57%)や旅行の計画や予約、その他の雑務をすべて行える多機能アプリ(57%)の方が、旅先での自動運転車(40%)よりも多くの旅行者の期待を集めているのだ。極めて複雑な技術の応用によってシンプルなツールが実現され、未だかつてないほど安心かつ快適な旅行体験を楽しめるようになることだろう。また2019年には、旅行を計画する際に役立つテクノロジーの開発も進むと考えられている。 世界中の旅行者の31%は、 旅行に関する質問に答えてくれる音声操作式の「バーチャル・トラベル・アシスタント」を自宅で活用すること、そして5人に1人は拡張現実(AR)などの技術を使って到着前に旅の行き先の様子を確認することを望んでいるという結果が出ている。

宇宙の夢は遠くとも、 見果てぬ地への憧れは続く

NASAが月周回軌道ステーションの建設を2019年に開始する予定(2022年に打ち上げを行う予定)を発表したことからも予想できるように、宇宙飛行の分野には今後莫大な資金が注がれていくことが予想される。2019年以降、旅行で行ける場所はさらに広がり、宇宙工学の発展とともに宇宙旅行はますます現実に近づいていくはずだ。宇宙という未知の世界に焦がれる人々の願望を満たし、またそこで紡がれる未来に備えるため、旅行関連の商品や消費財を扱う企業は製品開発に投資していくと考えられる。旅行者の40%は将来叶うであろう宇宙旅行に胸を躍らせていると回答しており、38%は実際に自分で体験してみたいと答えている。

宇宙旅行が現実のものとなるまで、見果てぬ地への飽くなき憧れは地球上にある未開の地に対する冒険心として表れるだろう。未開の地と言っても、人々の興味は大地の遥か下に向いており、旅行者の60%は海底の宿泊施設に泊まってみたいと回答している。2019年には想像力の限りを尽くした、 一見実現不可能ともいえるほど全く新しいタイプの別荘やホテルが登場していくことになりそうだ。

個々のユーザーに合った情報がより重要に

2019年には、 旅行についての情報の集め方や使い方が急速に発達すると予想。従来の一般的で包括的な旅行ガイドの代わりに、 定期的かつ手軽に確認できる、個々のユーザーの興味や好みを反映した短期的なコンテンツに関心が寄せられることが考えられる。 旅行者の34%は「自分にピッタリな旅行の情報を集めてくれる存在」を求めており、 41%は「AIなどのテクノロジーを用いて、 過去の旅行の経験に基づいた旅行の提案を行うことを旅行関連の会社に期待している」と回答。また半数以上(52%)が、「自分が心から望むものを案内してくれる、 デジタルツアーガイドのような旅行にまつわるイノベーションを活用したい」と答えた。

すべての旅行者が旅を満喫できるような、それぞれのニーズに合った旅のアドバイスやおすすめ情報の重要性が高まっている近年。質が高く豊富な旅行コンテンツの制作に携わる個人や団体は、 ユーザーのニーズが最も高い時にコンテンツを配信できるよう、AIを駆使したより効果的な方法を編み出していくと予想している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。