人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バブル崩壊後の仮想通貨はどうなるのか?

2018.11.07

昨年から今年にかけ、すさまじい価格変動を続けている仮想通貨。現在はすっかり冷え込んだように見えますが、今後はどうなるのか? 3人のスペシャリストが現状と今後の投資を語ります。

仮想通貨はこう攻めろ!

「主要コイン」で手堅く、「ICO&草コイン」で大儲け!?バブル崩壊後の仮想通貨の攻め方

あたかもバブルが崩壊し、仮想通貨を取り巻く状況はすっかり冷え込んだように見える昨今。だが、その状況をつぶさにチェックしていくと、復活への手掛かりが続々と登場していることがわかってきた。今こそ、次の反騰でしっかりと儲けるために、仮想通貨への投資戦略をしっかりと練るべき時なのである。

【参考】https://dime.jp/genre/608304/

バブル崩壊後の仮想通貨の稼ぎ方!主要アルトコインの特徴をチェック

 ビットコイン以外の仮想通貨の総称であるアルトコイン。その多くがビットコインを改良して、特定の機能を持たせたものだ。したがって、アルトコインの価値はその機能が優秀かどうかに直結している。例えば、下記のイーサリアムは、「スマートコントラクト」という機能が金融取引以外でも活用される可能性が高く、流通量の拡大が期待されている。ここでは、そうした優れた機能と将来性を持った、投資対象として魅力的なアルトコインを紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/608810/

仮想通貨を活用した新しい資金調達「ICO」で一攫千金は可能か?

 本特集冒頭のクロストークでも明らかになったように、「コインチェック事件」以降、仮想通貨の相場はかなり冷え込んでしまった。  そこで、一部の雑誌やネットメディアは、仮想通貨を活用した新しい資金調達の方法である「ICO」を取り上げる機会を増やし、さも、ICOのマーケットが盛り上がっているかのような記事を掲載している。

【参考】https://dime.jp/genre/608862/

リスクを抑える仮想通貨への投資法

 今年中盤以降、仮想通貨の値動きはおとなしくなったといわれている。しかし、忘れてはいけないのが、そもそも仮想通貨の変動率は株式や為替よりも大きいということ。個人投資家にとって、最もハイリスク&ハイリターンな金融商品といえる。  従がって、いかにリスクを抑えるかが重要になるが、具体的かつ有力な投資法がある。仮想通貨の「積み立て投資」だ。

【参考】https://dime.jp/genre/608902/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。