人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.06

パナソニックと千葉工業大学がAI搭載の次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを発表!

近年、AI技術を搭載した製品が続々と開発されており、私たち人間の暮らしは飛躍的に便利になっている。そんな中、パナソニックと千葉工業大学は、人工知能(AI)技術、自動操縦技術とロボット技術を搭載し、高度な知能化白物家電へと進化させた次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを共同開発した。

次世代ロボット掃除機のコンセプトモデル

「AI 床センサ」により、床上の物体を認識し、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて走行を続けるほか、千葉工大 未来ロボット技術研究センター(fuRo)独自の高速空間認識技術「ScanSLAM」を活用して、部屋の形状のみならず、室内で動く人も検出。ロボットの全周囲にある動・静物体を認識して、瞬時に自分と相手の位置を把握する知能を備えている。

また、自動操縦技術との組み合わせで、タブレット端末で掃除スポットを遠隔で指示したり、人と協調して掃除することも可能です。また、周囲環境と自分の位置を常に正確に把握できるため、確実に充電台に戻ることができることに加え、ロボット技術により、充電台にドッキングした本体を、電動で縦置き状態に吊り上げる機能も実現した。

ロボット掃除機はどこまで進化を続くのだろうか。今後の動向に注目だ。

関連情報/https://news.panasonic.com/jp
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ