人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.02

パナソニックがコーヒー焙煎上級者向け「The Roast Expertサービス」を12月中旬よりスタート

パナソニックは、焙煎知識を持ち合わせ、自分で焙煎プロファイル(焙煎工程のプログラム)が作成可能なユーザーに向けて、好みに合わせて自由にコーヒー焙煎プロファイルを作成することができる『The Roast Expert(ザ・ロースト エキスパート)サービス』を12月中旬より展開する。

パナソニックは、2017年6月上旬にスマート コーヒー焙煎機とあわせてスペシャルティコーヒー生豆と焙煎士 後藤直紀氏の焙煎プロファイルをセットにして定期頒布する新サービスを開始。

家庭で手軽に本格的なコーヒー豆の焙煎が楽しめる点や、風味豊かで新鮮なスペシャルティコーヒーを味わえる点が、コーヒー愛好家の方を中心に好評だった。一方で、お客様自身で自由にコーヒー焙煎プロファイルを作成し、コーヒーの味づくりを楽しみたいという声もあったという。

本サービスは、The Roast Expert対応焙煎機とスマートフォンやタブレットにダウンロードした専用アプリ『The Roast Basicアプリ』(iOS9以降搭載のスマートフォンまたはタブレット等の端末に対応。

「App Store」にて無料でダウンロード)を用いる事で、焙煎温度、時間、風量を1 ℃、1秒、1 %単位で設定することができ、自分で作成した焙煎プロファイルでこだわりの焙煎が可能。プロの焙煎士も納得する、きめ細やかな制御で焙煎することができ、こだわりの味わいを楽しめる。

また、2017年6月上旬より展開中の「The Roast Basic(ザ・ロースト ベーシック)サービス」の専用アプリ『The Roast Basicアプリ』をダウンロードする事により、スペシャルティコーヒー協会が定めた風味品質評価基準において風味品質が良質と区別されたコーヒー生豆が楽しめる。

「The Roast Basicサービス」を併用すれば、自分が作成した焙煎プロファイルと2013年World Coffee Roasting Championship優勝の後藤直紀氏が作成した焙煎プロファイルによる味わいの比較を楽しむこともできる。

石光商事が厳しい安全基準で選定した世界中の良質なスペシャルティコーヒー生豆を提供し、焙煎プロファイルは後藤直紀氏が生豆の特長にあわせて1種類の生豆に焙煎度が異なる2~3パターンを作成。自宅にいながら、年間で最大100パターン以上の風味を楽しめる。

サービス名称:『The Roast Expert(ザ・ロースト エキスパート)サービス』
価格(税抜き):250,000円
※The Roast Expert対応焙煎機。現行焙煎機(AE-NR01)とは設定が異なります。
※スターターキット付き(初回のみ)。

【焙煎機・アプリ仕様一覧】

『The Roast Expert対応焙煎機』



品番:AE-NR01(The Roast Expert機能拡張設定済)
焙煎方式:熱風式焙煎
焙煎量:50 g/回
本体寸法:(幅×奥行×高さ)(mm) 130×238×342
本体重量:4.6 kg
電源定格:100 V (50-60 Hz)
消費電力:1,320 W
カラー:S:シルバ―
操作端末:iOS9以降搭載の端末のみ対応 ※専用アプリ『The Roast Expertアプリ』が必要

『The Roast Expertアプリ』

焙煎プロファイル作成画面(イメージ)



プロファイル編集 温度:最大20ポイント(1 ℃単位)
時間:最大15分(1秒単位)
風量:最大10ポイント(1 %単位)
予熱設定:あり
焙煎温度モニタリング:あり
温度上昇率表示:あり
ハゼ記録(時間・温度):あり

●事前購入予約について
10月31日から事前購入予約を開始。11月末までに購入予約された方の中で希望される方は、焙煎チャンピオン(後藤直紀氏、河合佑哉氏)による「The Roast Expertサービス」セミナーが受講(無料)。販売はThe Roast ホームページ(URL:https://panasonic.jp/roast/exapp.html)の「The Roast Expertサービスの購入はこちら」ボタンより「Panasonic Store(パナソニックストア)」へ進み、購入。

構成/KUMU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ