人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.03

iPhoneの電源が入らない!そんな時に試したい対処法とは?

iPhoneの電源がつかない!

大切なiPhoneが熱い! 電源がつかない

 アップル社製の、超小型コンピューターである「iPhone(アイフォン)」。

「オペレーションシステム」が、「iPad」と同様の「iOS」で起動するので、iPadが使える人は、iPhoneもなんなく使えて、とても便利なスマートフォンです。

 iPhoneは、ネットサーフィンやメールやSMSやが楽しめて、写真や動画や音楽もエンジョイできるだけでなく、なんと、おまけに電話もかけられます。(というか、本来、電話です。)

 そんなiPhoneですが、ある時突然、本体が異様に熱くなり、電源が入らなくなってしまいました!

 大事な大事なiPhoneがアッチアチで、どうにもこうにも電源が入らなくなったら、まずは本体を、ゆっくり冷やしましょう。まだ充電ケーブルに差しっぱなしならば、すぐにケーブルを外し、本体を風通しがよく、直射日光の当たらない場所にしばらく置いておきます。冷蔵庫に入れたり、エアコンの冷たい風を直接当てて強制的に冷却するのは、結露でショートする可能性があるので、望ましくありません。あくまでも自然冷却するようにしましょう。

iPhoneが熱くなるとなぜ電源がつかないの? その原因は?

 iPhoneに限らずパソコンでもそうですが、コンピューター内の情報処理量が多くなり、負担がかかると、CPU(コンピューターにおける中心的な処理装置。人間に例えると、脳みそ)が高熱を発します。そして、あまりにも高熱すぎる状態になると、機械的にぶっ壊れてしまうから危ない! とう訳で、CPU自身が自動的に機能を停止する設計になっているのです。

 また、必ずしも高負荷な処理をしていなくても、バッテリーに不具合があると、これまた本体が高熱になる場合もあります。あまりの熱で、バッテリーが膨らんで裏フタがはがれてきたら、とても危険です!

 ちなみに、iPhoneは、本体全体で放熱して機能停止を防ぐような設計がなされていますが、ユーザーがカバーをつけて利用すると放熱しづらくなり、本体が高熱になり、故障の原因になります。

 iPhoneに、傷がつかないためのカバーの装着ですが、放熱がしづらくなり、電源が入らなくなるリスクが高くなる、iPhoneが別の意味で壊れやすくなるということは、頭の片すみに入れておいてよいかもしれません。

iPhoneが操作できずに電源が切れない!

iPhoneの電源が切れない、フリーズした場合に実行してほしいコト!

 iPhoneをしばらく使っていると、たまに、全く操作を受けつけず、また、電源も切れなくなるケースがよくあります。普段であれば、少々iPhoneの動きがおかしくなったり、緩慢になったら、いったん本体の電源をブチッと切って、ふたたび電源をオンにすれば、だいたいまた通常どおりに使えるのですが、なにせ、その電源自体が切れないので、どうすることもできません。お手上げです。バッテリーが完全放電するまで、じっと待つしかないのでしょうか。

まずは試してもらいたい強制シャットダウンの操作

 iPhoneの電源が切れなくなった場合には、以下の操作で、強制シャットダウンをして再起動させることが可能です。機種によって操作が異なります。

iPhone 8 以降:音量を上げるボタンを押して、すぐに放して、その後、音量を下げるボタンを押してまたすぐに放し、最後に、Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。
iPhone 7 または iPhone 7 Plus:サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。
iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch:ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を同時に、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ