人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デンソーテンがタクシー予約・配車アプリの海外相互利用技術を開発

2018.11.04

1950年代にタクシー用無線機を納入して以来、1996年に自動配車システム、2003年にデジタル配車システム、2015年にクラウド型配車システムを納入するなど60年以上にわたりノウハウを蓄積し進化を遂げてきたデンソーテン。

同社は自動車産業で急速に進展する「CASE」(Connected・Autonomous・Shared・Electric)の動向を着実に捉えつつ、グループ各社の情報・通信技術を駆使した「Vehicle-ICT」に取り組んでいる。

そして、同社はタクシー予約・配車アプリケーションの海外相互利用を可能にするAPIを開発した。

タクシー予約・配車アプリの海外相互利用技術を開発

日本と海外、双方のアプリユーザーが各々の国・地域あるいは生活拠点とする国・地域において使用する予約・配車アプリをそのまま相手国・地域で使用して現地でサービスを受けられる、いわゆる海外ローミングはタクシー業界において極めて珍しいサービスといえる。

まず、日本と台湾の大手タクシー事業者で、2018年8月6日に業務提携された、大和自動車交通と台湾大車隊股份有限公司が実施されている実証実験に採用。

旅行や仕事などの目的で日本と台湾を行き来する人々は増加の一途を辿っている。しかし、それぞれ、タクシーに乗車しても言葉が通じず行先を正確に伝えられなかった、といったような困り事も散見される。そんな時、アプリに「乗車場所(お迎え先)」、「行先」を登録すれば、言葉が通じなくても希望する場所への移動が簡単に。

「乗車場所(お迎え先)」はスマートフォンのGPS機能による特定、行先はリストから選択、あるいは地図上での検索を利用すれば簡単に設定できる。日本から台湾へ渡航された人が大和自動車交通様のアプリで配車を依頼した場合、APIを経由して台湾大車隊様の配車システムよりサービスを受けることが可能だ。

本アプリにより移動に関する障壁を緩和することが期待されている。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。