人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型「iPad Pro」発表!USB-Cコネクタ、Face ID搭載

2018.10.31

Appleはオールスクリーンのデザインと次世代のパフォーマンスを持つ新しいiPad Proを発表した。iPad Proはまったく新しいデザインにより、11インチと12.9インチのLiquid RetinaディスプレイがiPad Proの端から端までまで広がり、Face IDが搭載されたので、一目見るだけで安全にiPadのロックを解除できるようになった。

iPad Proは次世代のNeural Engineを搭載したA12X Bionicチップを内蔵しているので、多くのノートパソコンよりも優れたパフォーマンスを発揮。さらに新しいUSB-Cコネクタ、ギガビット級LTE、最大1TBのストレージが選べ、パワフルで新しいモバイルワークを可能する。

大きなMulti-Touchディスプレイを活用したiPadに特化したPhotoshop CC(2019年に登場)を含む次世代のアプリケーションなどが100万以上そろっているので、ユーザがコンピュータ上でできていたことが新しいiPad Proでこれまで以上に広がる。

第2世代のApple PencilはマグネットでiPad Proに装着でき、同時にワイヤレスで充電可能。Apple Pencilに内蔵された新しいタッチセンサーはタップを感知するので、アプリケーション内で操作する方法がまったく新しいものになる。

洗練されたデザインを持つ新しいSmart Keyboard Folioは角度を調整でき、iPad Proの汎用性をさらに高める。新しいiPad Pro、Apple Pencil、Smart Keyboard Folioの予約注文は開始されており、店頭での販売は11月7日水曜日からの開始となる。

まったく新しい、オールスクリーンのデザイン

iPad Proは世界で最も先進的なディスプレイを備えている。端から端まで広がる圧倒的に美しいLiquid Retinaディスプレイは四隅が丸みを帯びたデザインで、iPad ProのUnibodyの筐体の端にフィット。精巧に製造されたガラス、高度なピクセルマスキング、サブピクセルアンチエイリアス、新しいバックライトの設計により、iPad Proの新しいLiquid RetinaディスプレイはAppleが作ったものの中で最も明るく、最も正確な色を映し出すiPadのディスプレイ。

広色域とTrue Toneを採用し、反射防止コーティングを施しているので、屋外でも屋内でも画面の見え方が自然で正確になる。ProMotionテクノロジーがディスプレイのリフレッシュレートを最大120Hzまで自動的に調整するので、この上なくなめらかなスクロールと驚くような反応が体感できる。

新しい11インチのiPad Proは、10.5インチモデルと同じ筐体面積に、より多くのピクセルを映し出すより大きいディスプレイを搭載。しかも、わずか468グラムという軽さ。新しい12.9インチiPad Proは、iPadで一番大きいディスプレイをさらに持ち運びが簡単になった筐体に搭載し、その容積は実に25パーセントも小さくなった。どちらのモデルもこれまでのiPadのデザインの中で最も薄いわずか5.9ミリという薄さなので、iPad Proを持ち運ぶのがさらに簡単になった。

A12X Bionicと次世代のNeural Engine

iPad Proのために特別に開発されたA12X Bionicは、タブレットに組み込まれたものの中で最も賢く、最もパワフルなチップ。写真の編集や3Dモデルの作成といった最も高いパフォーマンスが要求されるコンピューティング処理でさえも、より速く、より反応を高めている。業界をリードする7ナノメートルテクノロジーを基盤とするパワフルな8コアのA12X Bionicは、4つの性能コアと4つの効率コアを搭載し、シングルコア性能は最大35パーセント高速になった。

さらに、8つのコアすべてを同時に使用する新しくなったパフォーマンスコントローラによって、マルチタスク実行時の速度が最大90パーセント向上。Appleが設計した7コアのGPUは、最大2倍のグラフィックス性能を発揮し、驚くほど豊かで夢中になれる拡張現実体験やコンソールクオリティ
のグラフィックスを可能にする。

さらにiPad Proでは、10時間駆動する優れたバッテリーによって、画期的なパフォーマンスと能力を一日中持続することができる。

Appleの次世代のNeural Engineは、写真から拡張現実まで、あらゆる分野における高度な機械学習のために設計されており、毎秒最大5兆の演算処理を行える。これによりFace IDは瞬時に動作し、ARアプリケーションは高速な平面の検出を可能にした。また、リアルタイムの機械学習を活用するそのほかの新機能も可能になる。

Face IDをiPadに搭載

あらゆるタブレットやコンピュータに搭載されたものの中で最も安全な顔認証システムであるFace IDが、iPadに初めて搭載。iPad Proをどんな向きに持っているときでも、新しいSmart Keyboard Folioを使って固定している時でも機能するように設計されているFace IDは、TrueDepthカメラシステムを活用して顔の精緻なマップを作成し、顔を正確に認識する。

これによりiPad Proのロックを安全に解除でき、アプリケーション内やオンラインでApple Payを使用したり、保護されたアプリケーションに簡単にアクセスできるようになる。さらに、iPad ProのTrueDepthカメラは、アニ文字とミー文字も可能だ。

拡張現実の体験に最適なデバイス

先進的なカメラとセンサー、性能が向上した4つのスピーカーオーディオに加え、パワフルなA12X Bionicを搭載。次世代のARアプリケーションがサポートされるようになり、現実の世界にある3D表示されたオブジェクトを測定したり、建物を3Dで巡ったり、全宇宙を探検するなど、拡張現実の新しい世界をiPadで体験できるようになる。クリエーターは2019年に登場するAdobeのProject Aeroを使って、iPadでの拡張現実を一段と進化させる体験をデザインできるようになる。

新しいApple PencilとSmart Keyboard Folio

別売りとなる第2世代のApple Pencilは、マグネットでiPad Proに装着し、ペアリングもワイヤレス充電も可能。メモなどのアプリケーション内でApple Pencilをダブルタップするだけで最適なツールやブラシを選べるので、一段とパワフルに、一段と直感的に操作できる。

また、同じく別売りとなる新しいSmart Keyboard Folioは、フルサイズのキーボードが組み込まれた薄くて軽いシンプルなデザインで、iPad Proの前面と背面の両方を守る。充電もペアリングも必要なし。膝の上で使う時も、机の上で使う時も角度を簡単に調整できるので、考えを書き留めておいたりマルチタスキングをするのに最適だ。

USB-Cがもたらす新しいパワーと可能性

Lightningコネクタに代わりUSB-Cコネクタを採用。驚くほど万能なUSB-Cは充電に使うことができるうえ、USB 3.1 Gen 2に対応するので高帯域幅でのデータ転送が可能。カメラや楽器との間の転送速度は最大2倍になり、最大5Kの外付けディスプレイを接続できる。USB-CによりiPad ProでiPhoneを充電することもできる。

iPad Proに搭載されたiOS 12

iOS 12は、iPhone XとiPhone Xsのユーザがすでに慣れ親しんでいる新しいジェスチャーをiPadにもたらる。新しいショートカットアプリケーションは、iPadユーザーがパワフルなのにシンプルで自動化された複数の作業を連携して写真編集、ビデオ編集、ファイルや素材の管理ができるようサポート。写真の読み込みが改良され、RAW画像のネイティブ編集ができるようになったので、フォトグラファーはiPad Pro上での作業やマルチタスキングをより効果的な方法で行うことができる。

グループFaceTimeで、一度に複数の友だちや同僚と簡単につながれるようになった。いつでも参加者を追加でき、会話が続いていれば途中から会話に参加することもできる。参加者はiPhone、iPad、Macからビデオまたはオーディオでの参加を選択。新しいアニ文字とカスタマイズできるミー文字を使えば、ユーザーはiPadの大きなスクリーンを最大限に活用して、メッセージとFacetimeの写真やビデオにさらなる個性が加えられる。

【価格と販売について】

・新しい11インチと12.9インチのiPad Proは、シルバーとスペースグレイの仕上げと、64GB、256GB、512GBに加えて新しい1TBの容量オプションから選べる。11インチiPad Proの価格はWi-Fiモデルが89,800円(税別)から、Wi-Fi +Cellularモデルが106,800円(税別)から、12.9インチiPad Proの価格はWi-Fiモデルが111,800円(税別)、Wi-Fi + Cellularモデルが128,800円(税別)からで、apple.com、Apple Storeアプリケーション、Apple Store、さらにApple製品取扱店と特定の通信事業者からも販売(価格は異なる場合あり)。

・新しいiPad ProのためのApple Pencil(第2世代)は、14,500円(税別)で販売。新しいiPad Proのための新しいSmart Keyboard Folioはスペースグレイの仕上げで、11インチiPad Proモデル用は19,800円(税別)、12.9インチiPad Proモデル用は、22,800円(税別)。日本語、簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語を含む30ヶ国語以上のレイアウトに対応している。

・iPad Proのための新しいSmart Folioは、デバイスをしっかり保護するポリウレタン製のフォリオデザインで、豊富なカラーから選ぶことが可能。apple.com、Apple Storeアプリケーション、Apple Storeで、11インチiPad Proモデル用は9,800円(税別)、12.9インチiPad Proモデル用は11,800円(税別)。

関連情報:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。