人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.07

【Re:Start】海外生活で培った積極性は営業としての武器。出しゃばってると思われてるかもしれませんが(笑)

Re:Start Story1 後編|サンケミカル株式会社 営業部 機能性添加剤・塗料グループ 浅倉拓馬さん(29)
高校卒業後、アメリカの大学に進学。ハワイ、オレゴンと約10年をアメリカで暮らす。昨年8月にサンケミカル株式会社に入社し、現在は営業として塗料を中心に担当する。

前編はこちら

 こんな仕事に就きたかった、こんな道に進みたかった、でもうまくいかない……。若者たちは時に迷い、壁にぶつかり、思い悩む。人生において、立ち止まったり、遠回りしたりすることもある。でも、人は誰でも再び歩き始めることができる。今回から始まるこのシリーズは順風満帆な人生を送る若者を取り上げるものではない。時につまずきながらも、おぼろげだった自分の道を見出し、一歩一歩着実に前へ進む若者たちのリアルにスポットを当て、彼らの人生にうなずき、静かに拍手を贈る企画である。

 新シリーズ第1回目はサンケミカル株式会社 営業部 機能性添加剤 塗料グループの浅倉拓馬さん(29)だ。彼が昨年8月に入社したサンケミカルは樹脂添加剤、化成品、塗料等のニッチなケミカル製品の輸入販売に携わる商社である。従業員20名ほどだが、年商は約60億円。
10年の米国生活を経て27才で帰国した浅倉さん。同世代はバリバリ仕事をしているのに、日本の企業のことも日本式のビジネスルールも全くわからない。浦島太郎状態の中で、彼はどのように日本企業の正社員になっていったのか。

研修は無料、これはいいチャンスだ

 とりあえずハローワークに行って「英語ができます」とTOEICの成績を書類に書き込んでも、担当の係員は「ああ、そう」みたいな感じで、パッとした反応がない。

 いったいどうすればいいのか。「就職支援」と、当時の僕の状態を表す言葉を検索サイトの欄に書き入れ、検索をかけると「ジェイック」の名前がディスプレイに表示されました。とりあえず、ウェブサイトからエントリーすると、「いろんな場所で随時、説明会を開いていますから一度参加してみませんか」と、返信がありました。

 何せ、海外生活が長く浦島太郎状態で、日本の会社のことはほとんど知らない。参加をすれば何か情報が得られるのではないかと、履歴書を持参し、千代田区にある本社へ説明会に出向いたんです。

 説明会は一対一の面接形式でした。アメリカでは合計で10年ほど生活をしていたこと、大学を卒業してからはオレゴン州のリゾート地で、インストラクターとして、主に実入りのいいチップで生活していたこと。

 話を聞いてくれたのは求職者の対応をするキャリアカウンセラーの女性でした。日本に帰国して、僕の話を親身になって聞いてくれる人と初めて出会い、僕はしつこく自分のことを語りました。

「自分の特徴が生かせる会社で働きたい。のびのびした環境で働けなかったら、自分の力が発揮できないので、その会社の社風は気になります。英語のスキルを生かして海外出張できる企業で働きたい。できれば日系の企業が希望です」

 なぜ日系なのか。企業の歯車として働く時期はある程度で卒業し、将来的に日本で起業したい。そのために日系企業に勤め、日本のルールを習得したいと思っていたからです。

「まあ、浅倉さん、企業さんからのオファーはあるから、まずはうちの営業カレッジで研修を受けてみてよ」じっくりと僕の話を聞いてくれた後、キャリアカウンセラーにそうアドバイスされました。

 ジェイックの基本的な仕組みは、7日間の営業カレッジという研修を受講し、企業を紹介する形でした。研修は無料で受講できるので日本のビジネスを知るチャンスかなと。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ