人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パナソニックからよりスムーズな発進を実現した電動アシスト自転車2019年モデル登場

2018.11.01

「ティモ・L」

パナソニック サイクルテックは乗り心地や使いやすさをさらに高めた、電動アシスト自転車2019年モデル全12車種を順次発売する。ラインナップは、通学・通勤モデル「TIMO(ティモ)」シリーズ4車種と、ショッピングモデル「VIVI(ビビ)」シリーズ4車種、子育てモデル「Gyutto(ギュット)」シリーズ 4車種。「VIVI」シリーズ、「Gyutto」シリーズが11月1日発売、「TIMO」シリーズが12月3日発売となる。

坂道や荷物を載せた状態でもラクに走行でき、環境にも優しい、電動アシスト自転車。子育てモデル以外にも、通勤・通学などさまざまなニーズに対応したモデルが数多く登場し、その市場は年々拡大。2017年度の電動アシスト自転車市場は前年度比で約110 %に拡大し、今後も堅調に伸長していくことが予想されるという。

今回発売する2019年モデルは、全車種、オートマチックモード時での、こぎ出しのアシスト力の制御機能を向上させ、よりスムーズな発進を実現。従来車種と比較して坂道や荷物がある時はよりパワフルに、平地や荷物がない時はアシスト力を抑えた発進ができる。

また、通学・通勤モデルの「TIMO」シリーズでは、乗り降りのしやすさとデザイン性が高いS型のフレームを採用した新車種「ティモ・L」を追加。

ショッピングモデルの「VIVI」シリーズでは、主力車種である「ビビ・DX」に大容量で荷物が周りから見えにくい新型バスケットを搭載。開口が広いため荷物の出し入れがしやすく、防犯や見た目の観点からバスケットの中を見られたくないユーザーのニーズにも応えている。



「ビビ・DX」


子育てモデルの「Gyutto」シリーズでは、チャイルドシートのグリップバーを開閉しやすくし、子どもの乗せ降ろしがこれまで以上にラクに行なえるようになった。

「ギュット・アニーズ・DX」

そのほか、手元スイッチの電源を入れることで後輪サークル錠が自動で開錠できる「ラクイック」や、ハンドルのふらつきを抑え駐輪時に倒れにくくなる「スタピタ2」など、乗り降り時の利便性を考慮した機能を、車種ごとに想定される使用シーンに合わせて搭載する。

価格は「TIMO」シリーズが116,800円(税抜)~、「VIVI」シリーズが108,800円(税抜)~、「Gyutto」シリーズが134,800円(税抜)~。

関連情報
http://cycle.panasonic.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。