人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ついにお尻もメイクする時代へ!日本に「美尻ブーム」が到来!?

2018.10.31

今、日本に空前の“美尻ブーム”が来ている…。

ここ数年ですっかり定着した“フィットネスブーム”だが、その中でも近年、ひときわ女性が鍛えたいと思っているパーツが「お尻」。Instagramでは、#美尻とタグ付けされた投稿が約25万件、#ヒップアップとタグ付けされた投稿も約20万件にも上っています。最近では、ローラ、小嶋陽菜、藤田ニコル、中村アン、長谷川潤、ダレノガレ明美、木下優樹菜など、日本の芸能人が自身のSNSアカウントに続々と美尻を強調した写真を投稿。その女性らしいしなやかなお尻に注目が集まっている。

そこで、“美尻王子“として各種メディアに出演し、シリトレメソッドの指導にあたっている竹田純さんが教える、誰でも簡単に実践できる「美尻のつくりかた」を紹介しよう。

今回使用するアイテムはエレコムの「エクリア リーンアップ」。

今すぐ実践!簡単美尻のつくりかた ~基本~

あなたは自分のお尻を意識してますか?最近は美尻ブームが定着し、友達とお尻の話しをする人も増えてきていると思います。あなたもお尻を鍛えて、自慢できる体にしていきましょう!

まず、自慢できるお尻をつくるには、立ち方を意識していきましょう。立つ時に、ももの裏を合わせて立ち、お尻の割れ目からウエストに繋がっている骨(仙骨)を、床の方へ伸ばすように意識してください。この立ち方が美尻への近道の秘訣です。たくさん筋肉を使ったあとは、お尻のストレッチも忘れずにして下さいね。

Method:扁平尻解消!美尻カニカニ

効果:横に広がり四角くなっているお尻を、中央にキュッと引き締めて美尻にします♡

1エクリア リーンアップを両方の太ももの裏側に貼り、専用アプと連動させて製品のト
レーニングを開始させます。

2かかとをつけて、つま先を90 度に開きます。膝とつま先の方向を同じにし、両手は腰に当てます。

3両膝を軽く曲げます。膝を深く曲げすぎると、前側の太ももの筋肉が鍛えられて
しまい、足が太くなってしまうので注意してください。

4エクリア リーンアップが筋肉をぎゅーっと引き締めます。

5緩めるインターバルタイムに、ももの裏側の筋肉を意識しながら、三歩右にカニカニと
進みます。

6膝は曲げたままキープします。再び、エクリアリーンアップがぎゅーっと動きます。6インターバルタイムに、左方向に同様にカニカニと進みます。

7右に三歩、左に三歩を1セットとして、5セット行います。

Method:ヒップアップ効果!たれ尻バイバイ

効果:重力に負けて下がってしまっているおしりを上にキュッとリフトアップさせます♡

1エクリア リーンアップを太ももの裏側とお尻の上の方に貼り、専用アプと連動させて製
品のトレーニングを開始させます。

2うつ伏せになり、おでこの下に両手を組みます。

3エクリア リーンアップを貼っている側の膝を90 度に曲げます。

4エクリア リーンアップがぎゅーっと動きます。その際に刺激される、ももの裏の筋肉とお
尻の上の筋肉を意識してください。

5緩めるインターバルタイムに、ももの裏側の筋肉を意識し、脚を軽く上げます。

6そのまま膝をつかないように、膝を外側に移動させます。

7お尻の上の筋肉を意識しながら、三角の形に脚をおろし、膝を床につけます。
エクリア リーンアップがぎゅーっと動きます。

8インターバルタイムに、三角形の形のまま脚をあげます。膝をたてて元の位置に戻し、
膝を床につけます。

9左右5 回ずつ行います。

どんなお尻が美尻なの?

後ろから見たときに、お尻が真ん中に引き締まってお尻の位置が高く、横から見たときに、ももからお尻、お尻から背中にかけて、はっきりとしなやかな曲線が分かるスタイルが僕の考える“美尻”です。お尻が上に引き上がる感覚で、両脚の上にお尻が立っているようなラインができるのが理想的です。普段歩いている時でも、お尻の筋肉を感じることができていれば、お尻の筋肉をきちんと使えている証拠ですし、あなたのお尻は“美尻”と言えるでしょう。

関連情報/http://www.elecom.co.jp/eclear/lean/bijiri

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。