人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代・30代の教員の9割以上が「時間内に仕事が処理しきれない」

2018.10.31

教員の6割が「今年度になって管理職から早く退勤するように言われた」

全回答者(1,000名)に、今年度(2018年度)になって管理職から早く退勤するように言われたか聞いた調査において、「言われた」は60.1%、「言われたことはない」は39.9%という結果だった。

世代別にみると、「言われた」は、20代で73.6%、30代で63.9%、40代で63.1%、50代で56.5%、60代以上で52.6%となり、若い世代ほど高くなることが明らかに。勤務先の校種別にみると、小学校では68.8%、中学校では68.3%と、いずれも7割近くになった。

続いて、今年度になって管理職から早く退勤するように言われた人(601名)に、自身の気持ちや職場の状況を聞いた調査において、【気持ち】では「まず、仕事の量を減らしてから言ってほしい」が68.7%、「仕事を時間内に終えようという気持ちが持てるようになった」が17.6%という結果に。

また、【職場の状況】では「持ち帰り仕事が増え、自宅での仕事を入れると総勤務時間は変わらない」が46.4%となった一方、「長時間勤務が少し解消した」は12.5%にとどまった。労働時間の削減が、掛け声倒れになっている職場が多いようだ。

最近の自身の状態 「ひどく疲れたことがあった」9割強 「イライラしていることがあった」約8割

全回答者(1,000名)に、現在の仕事に対する意識を聞いた調査において、【働きがいのある仕事だ】では、「とてもそう思う」(37.3%)、「まあそう思う」(50.5%)、「あまりそう思わない」(8.6%)、「まったくそう思わない」(3.6%)となり、『そう思う(計)』(「とてもそう思う」と「まあそう思う」の合計)は87.8%となった。大多数の教員が働きがいを感じていることが明らかに。

次に、全回答者(1,000名)に、最近(2018年9月以降)の自身の状態について聞いた調査において、【元気がいっぱいだ】では、「ほとんどなかった」が21.4%、「ときどきあった」が42.5%、「しばしばあった」が24.3%、「ほとんどいつもあった」が11.8%で、『あった(計)』(「ときどき」「しばしば」「ほとんどいつも」の合計)が78.6%だった。

また、【ひどく疲れた】では、「ほとんどなかった」が8.9%、「ときどきあった」(39.1%)、「しばしばあった」(27.4%)、「ほとんどいつもあった」(24.6%)で『あった(計)』が91.1%、【イライラしている】では、「ほとんどなかった」が22.3%、「ときどきあった」(46.8%)、「しばしばあった」(22.0%)、「ほとんどいつもあった」(8.9%)で『あった(計)』は77.7%となった。ひどい疲れを感じることがある教員や、自身がイライラしていると感じることがある教員は多いようだ。

「自身が困ったとき、上司は頼りにまったくならない」教員の8人に1人

続いて、全回答者(1,000名)に、自身が困ったときに、周囲の人はどの程度頼りになるか聞いた調査において、【上司】では「非常に」が9.9%、「かなり」が29.5%、「多少」が47.8%となった一方、「まったくない」が12.8%となり、【同僚】では「非常に」が10.1%、「かなり」が36.4%、「多少」が45.6%となった一方、「まったくない」が7.9%となった。また、【配偶者、家族、友人等】では「非常に」が22.7%、「かなり」が32.6%、「多少」が33.2%となった一方、「まったくない」が11.5%となった。

教員の勤務時間に関わる制度の見直し案(変形労働時間制の導入案)に対する教員の考えとは?

教員の勤務時間に関わる制度について、次のような制度に見直しがされた場合について、どのように感じるか調査が行われた。

4月~翌年3月までの1年間を平均して1週間あたりの勤務時間が40時間を超えないことを条件として、業務が多い時には勤務時間を最長10時間、業務が少ない時には勤務時間を、たとえば6時間に短くする、夏休みなどは「勤務日」を減らす。

まず、全回答者(1,000名)に、【介護や子育て中の教員は困ると思いますか】と聞いた調査では、「とてもそう思う」が28.6%、「まあそう思う」が30.4%で、合計した『そう思う(計)』が59.0%、「あまりそう思わない」が24.0%、「まったくそう思わない」が9.8%で、合計した『そう思わない(計)』が33.8%となった。

次に、【4月1日に、5月中のすべての勤務日について、勤務時間の長さをあらかじめ決めておくことは現実的だと思いますか】と聞いた調査では、「とてもそう思う」が4.4%、「まあそう思う」が12.0%で、『そう思う(計)』が16.4%、「あまりそう思わない」が23.1%、「まったくそう思わない」が57.7%で、『そう思わない(計)』は80.8%だった。
また、【1ヶ月のうち、業務が少ない日には勤務時間を6時間(午前8時に勤務開始の場合、午後3時に勤務終了となる)とすることは現実的だと思いますか】と聞いた調査では、「とてもそう思う」が9.0%、「まあそう思う」が19.4%で、『そう思う(計)』が28.4%、「あまりそう思わない」が23.5%、「まったくそう思わない」が46.0%で、『そう思わない(計)』は69.5%という結果に。

さらに、【夏休みの勤務日を減らす(今の夏季休暇の日数以上に休む日を設ける)ことは現実的だと思いますか】と聞いた調査において、「とてもそう思う」は27.7%、「まあそう思う」は39.0%で、『そう思う(計)』は66.7%、「あまりそう思わない」が17.6%、「まったくそう思わない」が13.1%で、『そう思わない(計)』は30.7%となった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。