人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.30

クラフトビールとフードのペアリングのコツ

バブル全盛期にプラチナ通りのシンボルといわれた白金の「ブルーポイント」で、シカゴ発人気クラフトビール「グースアイランド」と5種と料理のペアリングが考えられたメニューの提供がスタート。クラフトビールそれぞれについて、どんな料理がペアリングにより提供されるのか。ブルーポイントのシェフにペアリングのポイントを聞いた。

クラフトビール5種とのペアリング公開!

世界最大規模のビール大会「world beer cup」で数多くのメダルを受賞した米国で人気の「グースアイランド」。ブルーポイントでは、オバマ前大統領のお気に入りビールで、2010年のG20で各国首脳にもプレゼントされたといわれる「312 Urban Wheat Ale」のほか、日本初上陸&1年に1度しか発売されない「Bourbon County Stout」など5種類のビールが提供されている。

そして同時に、5種のビールすべてと共に、それぞれに合うフィンガーフードを愉しめるペアリングメニュー「Craft Beer Dinner(クラフトビールディナー)」が、10月15日(月)~12月16日(日)まで期間限定で提供されるそうだ。コース料理全8品にビール5種類の量を、¥8,000(税別)で味わえる。いったいどんなペアリングなのか、5種の内容をチェックしておこう。

「Craft Beer Dinner」全コース写真

1.「Sofie」とのビアペアリング

STARTER「小さなふたつのトースト」

●ビール:「Sofie」
●フード:ビターマーマレード&ゴルゴンゾーラ、なめらかなチョリソークリームの2種類のトースト

Sofieは、オレンジピールの風味を添えてワイン樽で熟成したベルギーファームエール。スパイシーさとシトラスの酸味、ライトでクリーミーな気品あるシャンパーニュを思わせる後味が特徴だ。Sofieと一緒に出されたのは、それぞれ濃厚なクリームがサンドされた一口サイズのトースト。Sofieの柑橘の風味に合わせてマーマレードを使用したというサンドとの相性は抜群で、つい手が進んでしまう組み合わせだ。

●ビアペアリングの法則
柑橘系ビール×マーマレードと濃厚なクリーム

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ