人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.01

ハーバード大卒の経営コンサルタントがベーカリーシェフへ転身した理由

「自分の本当に好きなことを仕事にした方が人生が豊になるのではないか?」

このような問いを、誰もが一度は自問自答したことがあるのではないでしょうか?

今回紹介する、ボストンの人気ベーカリーカフェ「Flour Bakery +Café」の設立者であるJoanne Chang(ジョアンナ・チャン)も例外ではありません。

彼女は、「高給」で「ステイタスのある」花形職業である「経営コンサルタント」という職業を捨て、自分の本当に好きなこと「焼き菓子作り」を仕事にし、成功を収めた女性です。

Photo:https://flourbakery.com/

ハーバード卒の経営コンサルタントからベーカリーシェフへ

小さい頃に母親と一緒によくチョコチップクッキーを作っていたこともあって、チャンは昔からお菓子を作ることが大好きでした。

高校卒業後はハーバード大学へ進学。ハーバード在学中に、チョコチップクッキーを作り、大学内で販売していたことから「チョコチップクッキー・ガール」と呼ばれていました。

数学と経済学の学位を取得し、卒業後は経営コンサルタントとして活躍していました。

経営コンサルタントとして働いている期間も、大好きなお菓子作りに時間を費やしまし。自由時間全てを同僚や友人たちにプレゼントする焼き菓子やパンを調理することに費やしていたチャンは、「お金が支払われなくても、焼き菓子を作っていたい」という自分の思いに気づきました。

そして、自分の本当に好きなこと、やりたいことに気付いた彼女はすぐに仕事を辞め、レストランで働くようになりました。

その時の給料は驚くほど低いものでしたが、後ろを振り返るようなことはしませんでした。

長い下積み時代を乗り越え、ボストンを代表するベイカーへ

経営コンサルタントとしてのキャリアを捨て、プロの料理人になることを決意したチャンは、ボストンやニューヨークなどのレストランで「午前4時から深夜まで働く日々を週6日過ごす日々」を約5年ほど過ごし、2000年についに念願の自分のベーカリーショップ「Flour Bakery +Café」をオープンさせました。

このカフェは、現在ボストンに8店舗展開され、ニューヨーク・タイムズやボストンマガジンに「ベストベーカリーショップ」として掲載されています。

また、2016年には中国料理レストラン「Myers + Chang」もオープンさせ、多くの料理本も執筆しています。これらの活動が認められ、2016年には「最も優れたベイカー」に贈られる「James Beard award 」を受賞しています。

好きなことを仕事にするにあたっての覚悟があるか?

「何かを趣味として楽しむこと」と、「好きなことを仕事として追求すること」の違いを理解することが大事、とチャンは言います。

「お菓子を作ることが大好きだけれど、自分が今取り組んでいる仕事は好きではない。だから私は、お菓子を作ることを仕事にしよう!」と思うことは、正しい考えです。

しかし、いったん好きなことを仕事として始めると、それは「仕事」になります。あなたに何かを指示する上司がいて、今まで楽しんでいた「遊びながらレシピを考える」「自分の好きなものだけを作る」といった活動はできなくなります。

だから、このようなキャリアチェンジをする際は、本当にその覚悟があるのか、準備ができているのか、ということをよく考えなければならない、とチャンは述べています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ