人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NTTドコモが金融機関向けに新たな融資サービスのプラットフォームを提供

2018.10.27

「ドコモスコアリング」の提供イメージ

NTTドコモは、金融機関がドコモの回線の契約者向けに新たな融資サービスを提供する仕組みとして、「ドコモ レンディングプラットフォーム」を提供すると発表した。提供開始は2019年3月の予定。

「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、ドコモのビッグデータを活用した「ドコモスコアリング」の提供、スマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」の提供、ドコモが提供する各種サービスとの連携という3つの特長を備えている。

「ドコモスコアリング」は、ドコモの幅広いビジネス展開によって得られた各種サービスの利用状況などのビッグデータを解析し、自動的に算出した利用者の信用スコアを金融機関の審査に活用できる仕組み。金融機関は、この信用スコアを活用した審査を行うことで、個々人の状況に合わせた適切な金利・貸出枠を設定することが可能となる。なお、この信用スコアは融資サービスを申込みの際に、利用者の同意のもと算出。手続きの中でのみ活用される。

「レンディングマネージャー」は、融資サービス利用者向けのスマートフォンアプリ。金融機関での借入から返済までのすべての手続きがこのアプリひとつでできることに加え、利用者ごとの家計と借入状況を可視化し、最適な返済計画をアドバイスする。このアドバイスにより、利用者が無理のない返済計画を立てられるとともに、金融機関が返済期間の短縮や金利の節約など、利用者に寄り添った融資サービスを提供することができる。返済計画のアドバイスは、マネーフォワードとの提携により提供する。

「レンディングマネージャー」画面イメージ

さらに、「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、dアカウントやドコモ口座など、ドコモが提供するサービスと連携。例えば、ドコモのバーチャルウォレットサービスであるドコモ口座と連携し、金融機関が利用者のドコモ口座に融資金を24時間365日、いつでも入金することができる。また、利用者が融資金の出金にセブン銀行ATMを利用すると、ドコモ口座アプリを使って24時間365日、スマートフォンひとつでスムーズに出金できる。

なお、「ドコモ レンディングプラットフォーム」を活用した融資サービスの第一弾として、新生銀行が2019年3月に新たな融資サービスを提供する予定だ。

関連情報
https://www.nttdocomo.co.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。