人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

旅好きが選んだ日本の美術館・博物館ランキング

2018.11.03

秋といえば、芸術の秋。普段は行かないような美術館・博物館に訪れて、知的好奇心を満たしたいという人も多いことだろう。

今回、世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」上に日本語で投稿された口コミをもとに作成された「日本の美術館・博物館ランキング2018」が発表されたので、紹介していきたい。

【日本の美術館ランキング2018 トップ20】

1 位 豊島美術館/香川県土庄町
2 位 藤城清治美術館/栃木県那須町
3 位 根津美術館/東京都港区
4 位 大塚国際美術館/徳島県鳴門市
5 位 三鷹の森ジブリ美術館/東京都三鷹市
6 位 足立美術館/島根県安来市
7 位 岡田美術館/神奈川県箱根町
8 位 ポーラ美術館/神奈川県箱根町
9 位 軽井沢千住博美術館/長野県軽井沢町
10 位 東京国立近代美術館/東京都千代田区
11 位 安曇野ちひろ美術館/長野県松川村
12 位 MOA美術館/静岡県熱海市
13 位 富山県美術館/富山県富山市
14 位 ミホ ミュージアム/滋賀県甲賀市
15 位 ひろしま美術館/広島県広島市
16 位 大原美術館/岡山県倉敷市
17 位 箱根彫刻の森美術館/神奈川県箱根町
18 位 田中一村記念美術館/鹿児島県奄美市
19 位 三菱一号館美術館/東京都千代田区
20 位 箱根美術館/神奈川県箱根町

【日本の博物館ランキング2018 トップ20】

1 位 長崎原爆資料館/長崎県長崎市
2 位 広島平和記念資料館/広島県広島市
3 位 東京国立博物館/東京都台東区
4 位 日本自動車博物館/石川県小松市
5 位 北九州市立いのちのたび博物館/福岡県北九州市
6 位 福井県立恐竜博物館/福井県勝山市
7 位 博物館 明治村/愛知県犬山市
8 位 トヨタ産業技術記念館/愛知県名古屋市
9 位 国立民族学博物館/大阪府吹田市
10 位 島根県立古代出雲歴史博物館/島根県出雲市
11 位 海上自衛隊呉史料館/広島県呉市
12 位 ひめゆり平和祈念資料館/沖縄県糸満市
13 位 知覧特攻平和会館/鹿児島県南九州市
14 位 京都鉄道博物館/京都府京都市
15 位 神奈川県立生命の星・地球博物館/神奈川県小田原市
16 位 佐賀県立佐賀城本丸歴史館/佐賀県佐賀市
17 位 UCCコーヒー博物館/兵庫県神戸市
18 位 日本民家園/神奈川県川崎市
19 位 南方熊楠記念館/和歌山県白浜町
20 位 鈴木大拙館/石川県金沢市

ご覧のように、美術館の1位には香川県土庄町の「豊島美術館」、博物館の1位には、長崎県長崎市の「長崎原爆資料館」がそれぞれ選ばれた。

ランキングを見てみると、全国各地の魅力的な美術館・博物館が上位トップ20にランクイン。それぞれ個性溢れ、展示にもひと工夫があったり、見応えのある施設ばかり。特に美術館では、展示物だけでなく建物や庭園の景観を四季折々で楽しみつつ、「時間を忘れて癒された」といった投稿も多く見られた。

また博物館では、長崎原爆資料館、広島平和記念資料館など、戦争の惨状を伝える施設が複数ランクインした他、ジャンルは異なるものの、「展示物から歴史を学ぶきっかけになった」という声が多く寄せられている。

【評価方法】
「旅好きが選ぶ!日本の美術館・博物館ランキング2018」は、2017年7月~2018年6月の1年間に日本の美術館・博物館に投稿された日本語の口コミの評価(5段階)点、口コミの投稿数をもとに、独自のアルゴリズムで集計したものだ。

美術館1位 豊島美術館 (香川県土庄町) - 唯一無二まさに“アートを体感する施設”

高松からフェリーで30分ほどの瀬戸内海東部に位置する豊島にある美術館。瀬戸内海を望む小高い丘にあり、休耕田の棚田を活かした広大な敷地の一角に現れる水滴のような建物は、唯一無二の存在感だ。

柱が1本もないコンクリート・シェル構造で、天井にある2箇所の開口部から、周囲の風、音、光を内部に直接取り込み、自然と建築、アートが融和したその空間には、「美術館というより芸術空間」、「美術館の概念がかわりました」、「こんな美術館初めて」といった口コミが多く寄せられている。

博物館1位 長崎原爆資料館 (長崎県長崎市) - “一度は行くべき”との声が多数

1945年8月9日長崎市に投下された原子爆弾による壊滅的な被害の惨状を後世に伝える、長崎県長崎市にある市立資料館。常設展のほか、随時企画展が行われており、原爆投下に至った歴史背景や戦後の核兵器開発についての説明展示もある。

館内には図書室、平和や原爆に関する書籍や絵葉書などを販売するミュージアムショップも併設。「日本人として、一度は行くべき場所」、「知っておくべき」、「世界中の人に見てほしい」といった口コミが多く寄せられている。

日本全国には魅力的な美術館・博物館が数多く点在している。今秋は小旅行ついでに、今まで行ったことのない土地の美術館・博物館へ訪れて、芸術作品にしみじみと感じ入り、展示物に感銘を受けてみてはいかがだろうか?

出典元:トリップアドバイザー株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。