人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.26

本日発売!全てがちょうどいい「iPhone XR」は新型iPhoneの本命だ

 9月11日に発表された2018年のiPhone。すでに、国内向けは9月21日に「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発売されたが、同時に発表されながら、10月発売を予定していた「iPhone XR」がいよいよ10月26日に発売される。ひと足早く実機を試すことができたので、iPhone XSとiPhone XS Maxとの違いも踏まえながら、その内容をチェックしてみよう。

6.5インチOLEDを搭載したiPhone XS Max(左)、6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したiPhone XR(中央)、5.8インチOLEDを搭載したiPhone XS(右)

 6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイを搭載

 今年9月に発表されたiPhoneは「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種になる。この3機種はチップセットにA12 Bionicチップを搭載するなど、基本仕様やユーザビリティはほぼ共通だが、ディスプレイサイズやボディサイズが異なる。

 今回発売されるiPhone XRは、6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイを搭載する。iPhone XSの5.8インチのOLED(有機ELディスプレイ)、iPhone XS Maxの6.5インチのOLEDの中間サイズになる。ちなみに、iPhone XRのLiquid Retina HDディスプレイは液晶ディスプレイであり、iPhone XSとiPhone XS MaxのOLEDと比較して、コントラスト比などがやや低くなっている。ただ、実際にWebページや動画コンテンツなどを視聴してみると、広色域のカラー表示も含め、遜色のないレベルで、一般的な利用であれば、ほとんど気にすることなく、利用できる印象だ。

 ディスプレイの上部にはiPhone XS/XS Maxと同様のノッチ(切り欠き)があり、そこに後述するTrueDepthカメラが内蔵される。一般的に液晶パネルはこうした切り欠きを作ることが難しいとされてきたが、シャープのフリーフォームディスプレイなどで実用化され、スマートフォンでも採用例があるが、iPhone XRもこれと同じ手法で実現したと推察される。

 本体前面はほとんどの部分をディスプレイが占有しており、iPhone 8シリーズ以前に備えられていたホームボタンも廃止されている。ホーム画面に戻る操作や起動中のアプリの切り替え操作はiPhone X/XS/XS Maxと共通で、ディスプレイの下側から上方向へのスワイプなど、タッチ操作に統一されている。iPhone XRの操作がiPhone X/XS/XS Maxと異なるのは、「3D Touch」と呼ばれる画面を押し込むプレス操作に対応していないことだ。iPhone X/XS/XS Maxではアプリのアイコンを押し込んだときに、ショートカットメニューが表示されるが、iPhone XRではこうした操作ができない。ただし、似た操作は実装されていて、コントロールセンターで左上のネットワーク設定を長押しすると、AirDropやインターネット共有なども含めた設定画面が表示される。

ちょうどいいボディサイズ

 ディスプレイサイズがiPhone XSとiPhone XS Maxの中間ということもあり、ボディの大きさも中間に位置する。ボディ幅は75.7mmと、ややiPhone XS Maxに近いサイズだが、厚さはiPhone XSとiPhone XS Maxの7.7mmに比べ、わずか0.6mm厚いだけの8.3mmに抑えられている。重量も200gを切る194gで、実際に本体を手に持ってみると、それほど重くもなく、ちょうどいいサイズに仕上がっている印象だ。

 本体を手にしたときの感触は、iPhone XS/XS Maxと同じように、背面がガラス仕上げのため、上質感のある仕上がりだが、ボディ周囲のフレーム部分がiPhone XS/XS Maxのようなステンレスではなく、酸化皮膜処理が施されたアルミニウムを採用しているため、手触りはもう少しライトな印象だ。ボディカラーはブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDの6色がラインアップされており、フレーム部分はそれぞれのカラーに合わせ、異なるカラーで染色されている。単純に背面のカラーだけを変えたわけではないところは、iPhoneらしいこだわりと言えそうだ。

iPhone XS Max(下)の光沢感のあるステンレスフレームに対し、iPhone XR(上)はつや消し仕上げのアルミニウムフレームを採用

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。