人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.25

スマホで年金を受け取る時代が到来!?「auのiDeCo」ってどんなサービス?

 毎月決まった掛金を投資信託や定期預金などで積み立てて、60歳以降に年金または一時金で受け取る私的年金制度「iDeCo」。iDeCoを初心者でもスマホで簡単に始められ、管理できるサービス「auのiDeCo」が提供を開始しました。

iDeCoって何?

 iDeCoとは、国民年金、厚生年金などの公的年金に上乗せする形の私的年金で、国が創設したものです。自分で毎月決まった掛金を投資信託や定期預金などで積み立てて、その積み立てた資金で運用商品を選択して運用し、60歳以降に、その資産を取り崩して年金または一時金で受け取るというサービスです。

iDeCoは公的年金に上乗せする形の私的年金。

 総務省の「家計調査年報(家計収支編)平成29年」によると、老後の生活資金は月額26万円かかるという試算があり、公的年金だけでまかなおうとすると、60歳から65歳の年金の給付が受けられないタイミングも含め、トータルで2500万円ほど生活資金が不足することになるそうです。安心の老後を迎えるためには、上乗せできる資産が必要となり、iDeCoは重要性が増しているサービスといえます。

 iDeCoには大きく3つの税制優遇があります。積み立てる際に拠出するお金は全額、所得控除となります。また、積み立てたお金で運用しますが、その運用商品で利益が出た場合には非課税となります。60歳以降で年金を受け取る場合に、受け取り方に応じて「退職所得控除」「公的年金等控除」が適用されます。とても税制効果の高い私的年金なのです。

iDeCoのメリット

 例えば25歳の女性会社員が60歳まで毎月2万3000円積み立て続けると、約35年で186万円の節税効果があるとされています。同じように、35歳の自営業男性が毎月6万8000円積み立てると、25年間で535万円の節税効果となり、かなり大きな効果があることが分かります。

iDeCoの節税効果は大きい。

 当然、早く始めれば始めるほど節税効果を享受できる期間が長いので、それだけお得です。40歳になってから始めると、25歳の女性会社員の約半分の節税効果しかありません。「できるだけ早く始めることが節税効果を享受するためのポイント」と、発表会でauのiDeCoについて説明したKDDIアセットマネジメントの社長 藤田 隆氏も力説していました。

iDeCoを始めるのは早ければ早いほど有利

 ただ、iDeCoの加入者数は100万人を突破していますが、対象の総人口に対する加入者の割合は1.5%と少ないもの。しかも、iDeCoを始めるべき20~30代の加入者数は約24%と非常に少ないといいます。その背景には、iDeCoに対して、よく知らない、面倒そう、投資は不安というイメージがあり、心理的なハードルが高いせいだと思われます。

 そこで、スマホで簡単に始められる“スマホねんきん”と題して提供されるのが「auのiDeCo」です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ