人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題の柿の種ふりかけ製造機「フリカキックス」と静岡おでんの意外な出会い

2018.10.26

白米と柿の種

筆者は白米を白米のままでは食べられない男である。

物心ついた時から、銀シャリの上には納豆がかかっていることがデフォルトだと思っている。納豆がない場合はふりかけか、塩昆布か、生卵か、なめ茸か。ともかく、白米を単独で食べることができないのだ。

能書きはこの辺にして、ご飯に柿の種ふりかけを投下してみる。すると柿の種のあの匂いがふわりと広がり始める。これは期待できそうだ。

だがその期待は、数秒後に早くも崩れる。正直言ってしまうと、ビミョーだ。

柿の種は美味い。それは間違いない。しかし、ふりかけとしてはどうだろうか。どうも味気がなく、食が進まない。

仕方がないから、醤油をかけてみる。

しかし、粉砕した柿の種に醤油を加えるとベトベトになってしまう。味はまあ辛うじてマトモになったが、食感は大きく損なわれてしまった。

これでは記事にならない。さあ、どうしたものか。

ここで急遽、別のものを柿の種に混ぜてみるという発想に至った。フジッコの『きざみふじっ子』を投入。亀田製菓には悪いが、食に関する記事は美味しいものを紹介しないと企画倒れになってしまう。

きざみふじっ子を混ぜたことで、柿の種ふりかけに塩味が付加される。ただ、それなら最初からきざみふじっ子だけを白米にまぶすべきじゃ……。

他人はどうかは分からないが、筆者は今後納豆から柿の種ふりかけに乗り換えようとは思わない。こう書くと、怒られるだろうか? だが物書きとして自分の舌だけは裏切ってはいけないと、筆者は日頃から心がけている。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。