人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自宅でできる3つの冷え性対策

2018.10.31

寒さが気になり出すこの季節。万年冷え性の方にとってはツラい時期であり、早くも自宅で靴下なしの生活ができなくなっているという人もいることだろう。

そんな秋から冬にかけてツラい冷え性だが、実際のところ、どれくらいの人が対策を講じているのだろうか?

冷え性の自覚がある人は75%。しかし、根本的な解決はたった5%の人しかやっていない!

「冷えに関するアンケート」の結果によると、冷え性の自覚がある方は75%に対し、根本的な解消ができている方は、たったの5%にしか満たないことが判明。その場しのぎになりがちな冷え性だが、放っておくと体への悪影響も招きかねないため、きちんと向き合うことが必要不可欠だ。

日頃感じる体の不調、発端は冷え性

血流を妨げ、末端へ熱が送られなくなることで冷えが始まる。また、食生活や嗜好品などの日常の生活習慣から、内臓機能の低下が冷えを招くケースも多々見受けられる。血流の滞りから起こり得るからだの不調はむくみや便秘などの症状から、動脈硬化やがんにまで及び侮れない。

<冷えから始まる体の不調>

実は多い!?「隠れ冷え性」の存在

冷え性の自覚がない方は4分の1程度(Q1)に留まっているが、右記(Q4)の回答状況から、慢性的に感じる日常の不調が、実は冷え性と大きく関わっていることはあまり知られていない。冷えは美容と健康の両面において大敵なので根本的な改善が必要だ。

冷え性セルフチェック!あなたは何個当てはまる?

<セルフケア>自宅でできる3つの冷え性対策とは?

1.外側から
お腹と仙骨にホッカイロを貼り重要な神経や血管が通っているパーツを温める。

2.内側から
体の温め作用がある「陽性食品」を摂取する。
※陽性食品のみ摂るのではなく陽性よりになるようバランス良く

3.全身すぐに
バスソルトで効率的に入浴。発汗作用が高まり身体に溜まった老廃物の流れも一層スムーズに。
〈ドクターシーラボ ナチュラルソルトスレンダーバス 1,000g ¥4,536(税込)〉

以上のように、手軽にできる冷え性のセルフケア。寒さが厳しくなるこれからの季節にぜひ試していただきたい。

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。