人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.26

セレブ御用達のイタリアンレストラン「セラフィーナ」に日本限定ピザを含めた新メニューが登場

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 ニューヨークにある「セラフィーナ」はレディー・ガガやマドンナ、トム・クルーズ、レオナルド・ディカプリオなど数多くのハリウッドスターやモデル、有名ミュージシャンが訪れるイタリアンレストラン。ニューヨーク12店舗を中心に世界9か国33店舗とワールドワイドに展開し、2012年に丸の内に1号店を出店、2014年にはさいたま新都心店がオープン。10月19日から両店舗で14種類の料理と2種類のドリンクをグランドメニューに追加する。丸の内店で開かれたお披露目会には、共同経営者のヴィットリオ・アサフ氏、ファビオ・ブラナート氏も来日。自ら各テーブルをまわって料理の特長を解説してくれた。

セラフィーナの代名詞・32㎝ピザも日本オリジナルの新作、日本初上陸の4種類が登場

 セラフィーナの看板メニューである直径32㎝のピザは、イタリア産の中でも最も精製度の高い「00番」の軟質小麦を使用している。店内にある特注のピザ窯で焼き上げる6.4mmの薄い生地はサクサクの歯ごたえ。チーズもすべてイタリア産を使用している。

 日本オリジナルメニューの新作ピザは「ジェノバ」(1900円・税込以下同)、「パンチェッタ」(1900円)、「ブッラータ」(2400円)、日本初上陸メニューは「ブッラータ&プロシュート」(2600円)。

〇ブッラータ 

 マルゲリータの中央にイタリア・プーリア州産のフレッシュチーズ「ブッラータ」のチーズドームをトッピング。食べる直前にブッラータにナイフを入れ、生地に広げてからいただく。見た目はモッツアレラチーズのようだが、カットの様子を見ると皮状の薄い膜にリコッタチーズのようなクリーム状のチーズが包まれていた。中身はフレッシュチーズと生クリームとのこと。

【AJ&IMのお味チェック】

 ブッラータ自体は極端な塩味や酸味などはなく、実にあっさりとした味わいで、皮の部分と中のクリーミーな食感の双方が楽しめる。トマトソースの酸味とクリーミーなブッラータが調和し、バジルも香りも相まって期待通りのおいしさ。薄いピザ生地なので食材のおいしさや食感がストレートに伝わる。通常のマルゲリータにはない“チーズ入刀式”はなかなか面白いが、パフォーマンスに時間を取られることと、ブッラータが冷えたものなので、ピザ本体が冷めやすいのが残念。

〇ブッラータ&プロシュート

 18ヶ月熟成のパルマ産プロシュートと「ブッラータ」を組み合わせたマルゲリータ。トマトソースを塗って窯に入れ、できあがった焼きたてのピザに、細かくちぎったブッラータとプロシュートをトッピング。

【AJ&IMのお味チェック】

 チーズドームの「ブッラータ」はあっさりとした味わいだが、プロシュートが加わったこちらのピザはほどよい塩味が加わり、プロシュートのうまみがブッラータのクリーミーなやさしいミルク感にマッチしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ