人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気ドラマ「おっさんずラブ」の影響?女性の5人に1人がBL・ブロマンスが好き

2018.10.26

テレビ朝日系列のドラマ「おっさんずラブ」が大ヒットを記録するなど、男性同士の恋愛を題材としたBL作品が大きな話題を呼んでいる。また近年では、男性同士の強い絆で結ばれた、性的な関わり合いのない親密な関係を表す「ブロマンス」という言葉も韓流ドラマや海外ドラマをはじめ様々な作品で注目を集め始めているようだ。

今回、そんな「BL作品・ブロマンス作品」の印象や魅力に関する1,500名の男女を対象にしたアンケート調査の結果が届いたので、早速、紹介していきたい。

BL作品について:女性の2割が「好き」「まあまあ好き」と回答

「BL作品」について、「好き/興味がある」「まあまあ好き/まあまあ興味がある」と回答したのは全体では15.4%、男性では8.6%、女性では21.8%という結果に。また、年代別では女性18~29歳(26.5%)と女性30~49歳(25.8%)の割合が高い傾向がみられた。一方の男性では「好き/興味がある」「まあまあ好き/まあまあ興味がある」と回答したのは8.6%に留まったが、年代別では18~29歳の男性が10.9%という結果になった。

「BL作品」に関してポジティブな印象を抱いているのは全体の1.5割程だが、18~49歳の幅広い年代の女性に根強い人気があるようだ。また若干ではあるが、男性において若い世代のほうがBLに対してポジティブな印象を抱く傾向が見られた。

BL作品の魅力は?:「第3者として恋愛を楽しめる」、「幸せな気持ちになれる」

そんな「BL作品」について、「好き/興味がある」「まあまあ好き/まあまあ興味がある」と回答した女性の48.8%が「第3者として恋愛を楽しめる」とその魅力を回答。そんな中、18~29歳の女性では40.0%が「幸せな気持ちになれる」とも回答している。また男性からは、「ファンタジーとして楽しめる」(34.9%)という回答に次ぎ「第3者として恋愛を楽しめる」(28.6%)「見てはいけないものを見る感じ」(28.6%)との回答も上位に挙げられた。

「BL作品」の恋愛については、より鑑賞者が客観した立場から登場人物たちの関係性を楽しめるという特徴があるようだ。また、若い世代の女性には、「BL作品」を鑑賞することに幸福感を感じる人が他の世代に比べて多くいた。一方男性では、「見てはいけないものを見る感じ」という感覚も魅力のひとつとなっているようだ。

ブロマンス作品について:女性の2.5割が「好き」「まあまあ好き」と回答、男性も1割以上

「ブロマンス作品」については、女性の25.8%が「好き/興味がある」「まあまあ好き/まあまあ興味がある」と回答。「BL作品」の傾向と同様に、18~29歳の女性(31.8%)と30~49歳の女性(27.5%)の割合が高い傾向に。一方男性でも、14.2%という結果となり、中でも18~29歳の男性では24.2%が「好き/興味がある」「まあまあ好き/まあまあ興味がある」と回答した。

BL作品と同様に、男女別では女性の方が「ブロマンス作品」に対してポジティブな印象を抱いている結果となった。しかし、男女ともに「BL作品」よりも「ブロマンス作品」に関するポジティブな回答の割合が高い傾向が明らかに。男性でも18~29歳では2割以上がポジティブな印象を抱いている結果となった。

ブロマンス作品の魅力は?

「ブロマンス作品」について「好き/興味がある」「まあまあ好き/まあまあ興味がある」と回答した方は次のようにその魅力を語っている。

・「自分は男性で、自分にとって親密な男性がいるので、強く共感できるところ(10代男性)」
・「熱い友情とかがテーマの作品は、ヒーローものなどにも通ずるところがあるので(30代男性)」
・「ストイックでピュアなところ(50代男性)」
・「男性同士特有のばかばかしさを楽しめる部分や、純粋な部分を一緒に楽しめる感覚になるから(20代女性)」
・「自分とは切り離して(自己投影などしないで)楽しめるところ。生臭さを感じない(20代女性)」
・「逆に、女性のドロドロ感が嫌いだから…(50代女性)」
・「ブロマンスという言葉は新しいが、昔から小説や映画でもあったように思う。今それが注目されることに現代を感じる(60代女性)」

そのほかにも、全体的に「絆」や「友情」に言及されているコメントが多く、ブロマンス作品のピュアで清涼感のある男性同士の関係性に男女問わず魅力を感じているようだ。

今後ブロマンスをテーマにした作品をみたい?:女性の4割「見たい」「まあまあ見たい」

「今後ブロマンスをテーマにした作品をみたいですか?」の質問に対して、男性は20.7%、女性は40.5%が「見たい」「まあまあ見たい」と回答。女性の“5人に2人”という高い割合もさることながら、男性でも2割以上が今後の鑑賞に対して意欲的な意見を寄せていた。男女問わず「ブロマンス作品」に対する期待値の高さを伺わせる結果となった。

このように男女問わず高い注目度を誇る「BL作品」「ブロマンス作品」。「おっさんずラブ」のヒットを受けて、今後、同様のテーマを扱った作品が増えていくかも知れない。

<調査概要>
調査方法:インターネット (Tアンケート)
調査期間:2018年9月14日(金)~9月21日(金)
調査地域:全国
調査対象:18~69歳の男女(T会員)
サンプル数:1,500名

出典元:株式会社TSUTAYA

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。