人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.23

あなたが仕事で評価されない理由

毎日せっせと仕事をがんばっていても、社内の評価が低い。昇進も昇給もない。このような状態が続くと、「自分は何のために仕事をしているのだろう」「やるだけ損なのではないだろうか」と思ってしまうものだ。しかし、これでは仕事のモチベーションが下がり、パフォーマンスが下がってしまう。そうなれば、評価どころではなくなってしまう。

こんな状況に陥ったら、どうすればいいのだろうか。キャリアアドバイザーに聞いてみた。

仕事で評価がされないのはなぜ?

「いつもこんなに一生懸命頑張っているのに、なぜまったく評価されないのか」

このような疑問は、意外と多くのビジネスパーソンが心の内に秘めていると思われる。考えられる原因を、キャリアアドバイザーの藤崎葉子さんに4つほど挙げてもらった。

協調性に欠ける

「仕事の評価は、人の評価です。上司への“報・連・相”は確実にしていますか。頼まれた仕事に対して、あからさまに嫌な顔をしていませんか。上司、同僚、部下とあらゆる社内の人たちから見て、自分はどんな印象なのか、一度客観的に見てみる必要があるかもしれません」

自己アピールが足りない

「評価は、会社の誰が下すのでしょうか。社長、上司、人事担当者など、直接評価を下す人に対する、自己アピールが足りないのかもしれません」

自分を過大評価している

「評価は自分自身が下すものではなく、人が下すものです。もしかすると、あなたは自己評価の基準が低いのかもしれません。『自分は勤務態度も良く、協調性もあり、仕事の実績も出していて完璧だ』と思っているのに評価が上がらないのであれば、自分を過大評価し過ぎている可能性があります」

人のために仕事をしていない

「仕事は誰かのためにするものです。例えば、システムエンジニアであれば、開発を依頼してくるクライアントのためにシステムを開発します。クライアントのためでなく、自己満足のために仕事をしているところはありませんか」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ