人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高すぎるiPhoneとソフトバンクのメール消失問題に物申す!

2018.10.23

1年限定の値段をアピールするのはどうなのか

法林氏:話を各社のキャンペーンの話に戻して、総務省の「4割下げる」話や「手続きに時間がかかる」話に関連することだけど、いい加減、キャンペーンで1年間だけ値引きされる値段を全面に出してセールスするのを止めさせないとダメだと思いませんか。

石野氏:この間の「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会報告書」にそのことも載っていたはずなんですよね。有識者の1人である野村総研の北(俊一)さんも、それはけしからんとお怒りだったはずで、消費者庁経由で何か来るかと思ったんですけど、動きがないですよね。あれこそ早くやるべき。1980円って言ったらダメですよね。2年契約の平均の料金を出すくらいだったらいいけど。

法林氏:今回契約してみて分かったのは、すごくていねいに説明する。項目がちゃんと紙で用意されているのはすごいなと思った。

石川氏:法林さんに説明する人は大変だろうな。

法林氏:大変じゃないよ。すごく楽だと思うよ。今、iPhoneはauのフラットプランなんですよ。当然、このタイミングだからNetflixプランと比較してどうですか、みたいな話になると思ったら、Netflixのこういうプランがあるとはいうものの、従来通りのプランで話を進めましょうかって。いやいや、そうじゃなくて、これと比べてどうだっていう説明をしてよって。

房野氏:やっぱり法林さんは怖い(笑)

石川氏:グラフじゃないのか! って。

法林氏:そこは言わない(笑)結局、例のiPad(auショップのスタッフが料金比較の説明などに使うiPad。専用アプリがインストールされている)で作る値段の比較表で両方並べてみたら、500円ちょっと違うのねという話をした。それはちゃんとできていました。できるなら最初からやればいいじゃんって話なんだよ。

石川氏:怖いなー。

法林氏:というのもあって、各社ともいろいろ説明するための環境は作っている。ドコモとauで違うなと思ったのは、ドコモはALADIN(アラジン。顧客情報管理システム)でグラフが出てくる仕組みを作っているけれど、auはiPadの受付ツールでしか値段の一覧が出てこない。

石川氏:やっぱり紙でもらいたいですよね。

法林氏:僕らはPCやiPadの大きい画面があるからいいけれど、スマホしかない人が、データで見るだろうか。だから、紙のグラフは偉いなと思った。24か月目、25か月目からボンと値段が上がっていくこともよく分かる。僕の場合は、シンプルプラン、spモード、シェアプランの5回線目。でも、Xperiaの月々サポートで二千数百円引かれるので、月額700円くらいしか払っていない。偉大だわと思った。月々サポートがだんだんなくなっていくのは残念です。

石川氏:本当に。あまりキャリアで端末買わなくていいやって感じですよね。

石野氏:分離プランだと本当にそうですね。特にiPhoneはAppleで同じものが売っている。ソフトバンクで買うと1万円ちょっと高くなって、月1000円くれても1年後に料金が高くなるくらいだったら、どこで買ってもいいという気になる。

法林氏:ソフトバンクの「ミニモンスター」が意外に安くない。

石川氏:あれはひどいですね。2GB以上使う人はウルトラギガモンスター+の方が得って、なんじゃそりゃと。

法林氏:本当にスーパーライトな人しかメリットがない。

石川氏:以前、総務省があまり使わない人向けのプランを作れといったときのプランに近い。

法林氏:この前、@DIMで格安SIMに置き換えましょう、みたいな原稿を書いたけど、そのときに各社のプランを調べてみたわけ。そうしたら、ソフトバンクだけ突出して高い。比較対象のMVNOをIIJにして3GBでそろえて調べたら、ソフトバンクは3GBがないので5GBなんですよ。それにしても高い。

石川氏:ソフトバンクから、機種変更しませんかという封書が来たんです。それを見ると、ウルトラギガモンスター+押しなんですけど、それと同じくらいにY!mobileについても書いてある。あれを見ると、安いプランはY!mobileで、ウルトラギガモンスター+との間を埋めているんだなって気がしました。割り切っているというか。

石野氏:取材したら、LINEモバイルやY!mobile含めて、ああいうプランにしましたと言っていた。ソフトバンクは、ソフトバンクという会社の中で高い料金プランの名前なんじゃないか。

石川氏:ソフトバンクでiPhoneを使うのがステータスになるというか。

房野氏:ソフトバンクは高いブランドなんですね。

石野氏:メールは消えますけどね。

法林氏: 料金は高いわメールは消えるわで痛いわ(笑)。2006年当時のホワイトプランの話もあるから、ソフトバンクは安いというイメージを持っている人は世の中に結構いるけど、今回、料金プランはリセットなので、全然そんなことはないということが明確になった。

石野氏:しかも分離プランなので、ソフトバンクが高いと思ったら、ユーザーはAppleから端末を買って、Y!mobileと契約するっていうのがいいと思う。そこまでソフトバンクにこだわる理由もよくわからないけど。

法林氏:ソフトバンクのネットワークが大好きとか。

石野氏:孫さんが大好きとか。

石川氏:900MHz帯が大好きとか。

石野氏:金曜日に何かもらえるからとか。

法林氏:SUPER FRIDAY、auも「三太郎の日」とかやっているけれど、だったらiPhoneを買う人にケースの1個でも付けてあげなさいよと思った。原価数十円でしょ。クリアケース1個付けてあげればいいじゃんと思った。そうしたらショップから出てすぐに画面を割っちゃうこともないだろうし(笑)

......続く!

次回は、新型iPhoneとApple Watchの魅力について話合います。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。