人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.20

秋の行楽やゴルフに使える?「レジャー保険」の活用法と選び方

登山、ゴルフ、スキー・スノボなどのスポーツやレジャー時の万が一に備え、一日から加入できるレジャー保険というものがある。今年の夏の猛暑の屋外スポーツでは熱中症リスクが伴うため、何かと話題になった。そして次は秋の行楽やゴルフ、スノボ・スキーの季節。レジャー保険が活用できる可能性がある。そこで今回は、レジャー保険について詳しいファイナンシャルプランナーに解説してもらった。

レジャー保険とは?

レジャー保険とは、どんな保険なのか。ファイナンシャルプランナーの髙野具子氏は次のように話す。

「レジャー保険は偶然突発的に起こった事故やケガを補償してくれる損害保険の中の『傷害保険』の一つで、目的を『レジャー』と限定した保険です。レジャーとは主にゴルフ、スキー・スノボ、登山、ハイキングなど。例えば秋の行楽シーズンなので『家族で山登りしよう!』、『今週末部長とゴルフだ!』といったときや、スノボシーズンになったので『毎週末張り切って行くぞ!』というときのように、その目的に合わせてケガをしたら心配な場合に加入します。同時に自分と家族以外の他人にケガをさせてしまったというときの補償も入っているので、ゴルフやスノボの腕前が心配なときにも利用の余地があります」

レジャー保険の補償内容

髙野氏によると、レジャー保険は損害保険の中の「傷害保険」のカテゴリーに入るのだという。

「傷害保険とは、日常生活の中でケガや偶然突発的な事故に遭ったときに補償してくれるものです。目的を限定しないケガ全般をカバーする『普通傷害保険』の他に、目的を限定した『ゴルファー保険』や『国内(海外)旅行保険』などが挙げられます。傷害保険は一般に、次のときに補償されます」

●死亡補償:不慮の事故によるケガで事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡したとき
●後遺障害補償:不慮の事故によるケガで事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じたとき
●入院補償:不慮の事故によるケガで入院したとき
●手術補償:不慮の事故によるケガの治療のため所定の手術を受けたとき
●携行品損害の補償:偶然突発的な事故により、携行品が壊れてしまった、盗難に遭ったとき
●捜索・救援の補償:遭難などにより、捜索や救援されたとき
●賠償責任補償:スポーツやレジャー中にうっかり他人にケガをさせたり、他人やお店の物を壊したりしたとき

「『普通傷害保険』の場合、これにプラスし『通院補償』があります。これは不慮の事故によるケガで通院したとき、事故の発生の日からその日を含めて1,000日以内の通院日数に対し、30日を限度に支給されるというものです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ