人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.22

300種類以上のエフェクトとアンプモデルを搭載したプロフェッショナルグレードのギタープロセッサー「HX Stomp」

コンパクトながら、アンプ、キャビネット、エフェクトのサウンドを得ることができるギター・プロセッサー『HX Stomp』がヤマハから登場した。

『HX Stomp』には「Helix」「Mシリーズ」およびLine 6のレガシー製品に含まれる300種類以上のエフェクトとアンプ・モデルが搭載されており、最大6種類を同時に使用可能だ。

ギター・プロセッサー『HX Stomp』

外部フットスイッチやエクスプレッション・ペダルを追加してより柔軟にコントロールすることもでき、お気に入りのペダルをプリセットにインサートできるよう2系統のエフェクト・ループも用意されているのも嬉しい。

PAミキサーにダイレクトに送るのも、ステージアンプに接続するのも簡単にでき、4ケーブル・メソッドにも対応。最大6つのアンプ、キャビネット、エフェクト、IR(インパルス・レスポンス)ブロックを同時に使用できるため、思いどおりのトーンを構築できる。オーディオインターフェース機能を使用すれば、『HX Stomp』をUSBケーブルでパソコンやスマートデバイスにつなぐだけでギターの音を手軽に録音できるのだ。

また、お気に入りのモデラーやプロファイラーのエフェクト・ループに『HX Stomp』を接続すれば、さらに70種類以上のアンプ、200種類以上のエフェクトがお手持ちのモデラーのDSPパワーにアドオンされ、その中から最大6個のアンプ/エフェクトブロックを追加して使用することができる。

詳細については関連情報を見てみよう。

関連情報/https://www.yamaha.com/ja/news_release/
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ