人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

湯温・湯量・抽出時間など、プロの技を再現したこだわりのコーヒーマシンを徹底比較!

2018.10.26

バリスタのプロ技と味を手軽に再現

タイガー魔法瓶『グランエックス ACQ-X020』タイガー魔法瓶『グランエックス ACQ-X020』オープン価格(実勢価格約1万9800円)

コーヒー粉にヒーターで熱したお湯を注いで設定時間分浸した後、蒸気でシリンダー内部に圧力をかけて抽出する、独自の蒸気プレス方式を採用。浸し時間と湯温を選択すれば、さらにこだわりの味わいに。
●約W22.6×H29.8×D19.9cm/約3.1kg

[1杯抽出]

チタンコートメッシュフィルターを採用チタンコートメッシュフィルターを採用し、豆本来の油分も抽出。「フィルターの掃除は少し手間かな……」(タカノ)

湯の温度3段階、浸し時間5段階の15通りの抽出が選べる湯の温度3段階、浸し時間5段階の15通りの抽出が選べる。抽出量は60ml(アイス用)、120
ml、180ml、240mlの4段階。

[小池]★★★★★  [タカノ]★★★★

テストを終えて…どのモデルもレベル高し。プロをうならせる機種も

タカノ 今回はこれから発売の新製品を含め、テストしました。

小池 総じてレベルが高くて驚きました。特に全自動モデルはどれも平均点以上の味わいで、機種ごとに違いも出ていました。何より、コーヒーは挽きたてが一番なので、豆挽きからやってくれるのは大きい。機械まかせで安定したおいしさが出せるのもうれしいですよね。

タカノ ただ、豆を挽く音には少しびっくりしました……。私が気になったのは、エスプレッソタイプ。フォームミルクたっぷりのラテが手軽に作れるのはいい! 掃除も許容範囲でした。 

小池 プロは豆に合わせて蒸らしや湯温、注ぎ方など細かく調整しますが、それを再現できるタイガーやハリオもスゴい。実はハリオのモデルはプロの愛用者も多いんです。ただこだわりが半端ないので、徹底的に追求したい人向けですね。個人的No.1は、1杯抽出にはなりますが、タイガーですね!

取材・文/原口りう子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。