人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.19

豆挽きから抽出までお任せ!全自動コーヒーマシン5モデルを徹底比較

新商品を中心に、注目機種の使い勝手&味をチェックしました!

〈私たちが試しました〉

●味のチェックを担当
小池 司さん『COFFEE VALLEY』オーナー・焙煎士 小池 司さん
東京・池袋に店を構え、店内のロースターで焙煎し、抽出したこだわりのコーヒーを提供。自身の好みはバランスの取れた味で、豆ならコロンビア。http://coffeevalley.jp/

●機能&使い勝手のチェックを担当
編集部 タカノ編集部 タカノ
共働きで3歳児の子育てに奮闘中。求めるのは手軽さで、簡単操作&掃除が楽なものに惹かれがち。設置スペースも気になる。

全自動タイプ

豆挽きから抽出までお任せ。粉も使える4機種を、同じ豆と水で試しました。

無印・パナ

全自動マシン、人気の火付け役

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1』無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1』2万9630円

操作ボタンをはじめ、細部までこだわったスマートデザインが特徴。フラットカッターミルの搭載、粗挽きから細挽きまで豆を5段階で挽き分けられる機能、斜めシャワードリップなどのプロ仕様で、全自動モデルのブームを牽引。
●約W14.5×H34.5×D28.5cm/約4.4kg

[約1~3杯分][フラットカッターミル(※)][タイマー]

文字を排除し、アイコン表示の操作パネル文字を排除し、アイコン表示の操作パネル。「おしゃれだけど最初は使い方に戸惑うかな」(タカノ)

専用ヒーターとセンサーによる温度管理専用ヒーターとセンサーによる温度管理で、抽出に最適な湯温87℃をキープ。味のバランスと豆本来の香りを引き出す。

【TASTE】

「フレーバーの印象が強く出ていて、爽やかで軽く、飲みやすい味わい。豆の特徴が出やすいマシンだともいえます。浅煎りの豆と相性がよさそう」(小池)

[小池]★★★  [タカノ]★★★★

※フラットカッターミルは、平らなブレードで切り刻むように豆を挽く方式で、フレーバー(風味)が出やすく、軽い味わいになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ